母・野際陽子の素顔/真瀬樹里さんインタビュー


娘だけが知る女優・野際陽子の男前な素顔

 

著者interview

キーワードは「男前」。娘が語るクールで知性派 女優・野際陽子の素顔

真瀬樹里さん

Juri Manase

1975年生まれ。女優。5歳のとき父・千葉真一さんの舞台を見て感動し俳優になることを決意。 バレエやピアノ、水泳などのお稽古に通う。大学進学と同時にデビュー。日本大学藝術学部では厳しい練習で有名な殺陣同志会に所属。TVドラマ「トットちゃん!」では、黒柳徹子さんのたってのリクエストで母・野際陽子役を好演

 

 

TVドラマ「トットちゃん!」で野際陽子役を演じた真瀬樹里さん。そっくり! と感じた読者も多いのでは? この本には娘である真瀬さんの目から見たありのままの野際さんが描かれています。

 

 

「初めお話をいただいたときは、お断りするつもりでした。母は自分のことを大げさに語られるのを好まないと知っていましたから」が、それを知った友人たちが真瀬さんの背中を押したのだとか。

 

「『娘だから書ける素顔の野際陽子を知りたい人はいるはず』とか、『照れ屋で自分のことは語らなかった野際さんも、娘のあなたが書いてくれたらきっと喜ぶ』と言われて。調べたら、身内が本にまとめるのはよくあるとわかり、女優だけでない、一人の女性としての野際陽子を書くのは、私しかできないかもと思い直しました」

 

 

一度決めたら、とことんやり遂げるという責任感の強さは、まさに母親ゆずりの真瀬さん、初の書籍執筆に取り組んだのでした。

 

「それまでも詩を書いたりすることはありましたが、母の人生について生い立ちから亡くなるまでを綴るのが、どれだけ大変か、そのときは見当もつきませんでした」

 

母を語るため娘として自分のことも正直に書かざるをえません。

 

「読み返すたびに、自分についての記述は極力削りました。これは野際陽子の本で、読者が知りたいのは彼女についてなのだからと。また、母が読んでも喜んでくれるように心がけたつもりです」

 

 

ちなみに、真瀬さんにとって野際さんがどういう母親だったかというと――幼い真瀬さんに、「パパとママ、どっちが好き?」と何度も質問して、どちらも大好きだった真瀬さんを困惑させたり、「私のかわいい鼻ぺちゃさん!」と真瀬さんにコンプレックスを抱かせてしまったりと溺愛ぶりを発揮する一方、俳優を志す真瀬さんに高校卒業まで許さなかったという、しつけには厳格な一面も。

 

「そんな母に反発して親子喧嘩になると、負けるのはいつも私。理屈では勝てたためしがありませんでした」

 

 

次のページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第31回
母・野際陽子の素顔/真瀬樹里さんインタビュー

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top