OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/158510/

ヨーロッパの冬~家時間を楽しむ暮らしスタイル~

竹村和花

竹村和花

水ソムリエ&飲泉師

大学・短期大学の保健管理センターにて養護教諭として約7年間勤務。 結婚退職後は製薬会社にてアメリカFDA(厚生省)向けのGC分析を担当。 2000年ライターとして独立。温泉研究が高じてフィレンツェ在住に。

【所属】社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事 イタリア:ミネラル水鑑定士協会・公認水ソムリエ(Idro-Sommelier®)&水鑑定士(n.2689)

記事一覧を見る

ヨーロッパの冬~家時間を楽しむ暮らしスタイル~

こんにちは、水ソムリエ&飲泉師の竹村和花です。

12月に入り、ヨーロッパの空にも、ほんの少し青空が戻って来ました。

フィレンツェでも、いよいよドゥオモ前にモミの木が立てられ、美しくも荘厳なクリスマスに向け華やかな冬時間が始まります。

 

<華やかな12月 大人のヨーロッパ時間>

この時期、街の中に点在するテアトロ(劇場)では人気の華やかな演目がかけられ、週末には家時間を楽しむための可愛い小物などを扱うマーケットが開催されます。

日本のクリスマスは、デパートやホテル、飲食店などのクリスマス商戦という印象ですが、ヨーロッパのクリスマスは家族と過ごす家での時間を慈しむという色合いが強く出ます。

せっかくなので、今年は少し趣向を変えて、冬の家時間を楽しむヨーロッパの暮らしのスタイル取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

家族やごく親しい人と過ごす心地よい空間、そこにほんの少し12月ならではの、特別な季節感を添える。

大がかりなツリーも良いのですが、小さなインテリアまわりやテーブルウエアの色使いだけで、華やかなクリスマスを演出する。

例えば、普段のティータイムにちょっぴりクリスマスのエッセンスを入れてみる。

ビスケットやシナモン・シュガーなど、暮らしの時間そのものにフォーカスしたクリスマスの楽しみです。

身につける靴下や洋服。それにインテリア、ティータイムやお食事の中に、ちょっぴり意識して「マイ・クリスマス・カラー」を取り入れてゆく。

買ってきたもものを、そのまま使ったり、そのまま食べるのではなく、自分なりの想いやアイデアをちょっぴり添えることで、準備する時間そのものを楽しむ。

これらはちょっぴり大人な、クリスマスの楽しみ方です。

 

 

<光に包まれるクリスマス・マーケット>

さて「ヨーロッパの冬の旅」といえばドイツのクリスマス・マーケットが人気ですが、今年は11月26日(月曜日)からスタートしました。

家族で過ごす時間をとても大切にするドイツならではの、このマーケットには、X’masを楽しむための様々なヒントが沢山詰まっています。

往復のエア・チケットと1週間のホテルだけを手配して冬のドイツへ。

クリスマス・マーケットを通して、ひとつの街の文化を体験するつもりで旅に出てみるのも素敵です。

 

気のおけない友達同士で、ヨーロッパの冬時間が楽しんでみては。

ドイツの中でもアクセスの良い都市部でのクリスマス・マーケットの日程を紹介しておきます。

ベルリンなど大きな都市部では、同じ市内であってもエリアによって開催日や期間などが変わっていたりします。

気を付けたいのは最終日。早めに店じまいする店が多く、12/24のイブからはマーケットの開催時間そのものが各お店によって大きく異なりますので、ご注意を。

 

 

【フランクフルト周辺】

フランクフルト 11月26日~12月22日
リューデスハイム 11月22日~12月23日 ※11/25はお休み
トリアー 11月23日~12月22日

 

【ミュンヘン周辺】

ミュンヘン 11月27日~12月24日 *地区により異なります
ローテンブルク 11月30日~12月23日
ニュルンベルク 11月30日~12月24日
ネルトリンゲン 11月30日~12月23日
アウクスブルク 11月26日~12月24日
レーゲンスブルク 11月28日~12月23日

 

【ベルリンとドレスデン周辺】

ベルリン 11月26日~1月6日 *地区により異なります
ドレスデン 11月28日~12月24日 *地区により異なります
ザイフェン 11月30日~12月23日
ライプツィヒ 11月27日~12月23日

 

【ハンブルクと北ドイツ周辺】

ハンブルク 11月20日~12月23日 *地区により異なります
リューベック 11月26日~ 12月30日 ※12/25はお休み
ケルン 11月26日~12月23日
デュッセルドルフ 11月22日~12月30日 ※11/25と12/25はお休み

 

 

水ソムリエの冬の水の楽しみ方は、次ページに続きます。

今月のおすすめ銘柄 

OGO(オゴ)

水源地はオランダ南部ティルブルグ州のヒルツェルバーン(Gilzerbaan)になります。EUにおけるミネラルウォーターの分類基準のうちスプリング・ウォーターに分類されます。スプリング・ウォーターとは、1箇所の水源から直接採水された地下水で、地中のミネラル成分だけを含み添加物が加えられることなくボトリングされているものを指します。同じ銘柄で赤いロゴマークの微炭酸タイプは、ミネラル水の苦手な方でも飲みやすくなっています。

【水タイプ】

産地泉源:オランダ/ティルブルグ州(ヒルツェルバーン)

湧水温度:未記載

水タイプ:○発泡 /無発泡

知覚ほか:無臭/pH7.83

ミネラル:ナトリウム:8.5mg,カリウム:4.5mg,カルシウム:63mg,マグネシウム:7.6mg,シリカ:19.3mg,重炭酸:231mg ほか ※オランダ国内での分析による(per.L)

<ショップ情報> 

OGO日本代理店公式HPほかオンライン・ショップ、ほか輸入食品やインテリアなどのセレクト・ショップ

 

 

【水ソムリエの飲み方レシピ】

華やかな冬の暮らしスタイルにはリッチな味わいの暖かな紅茶や、鮮やかなフルーツたっぷりの炭酸割りが気分を盛り上げてくれます。紅茶を煮出すときは、カルシウムやマグネシウムがたっぷり入ったミネラルウォーターを選んで濃い目に入れてみてください。水の中に含まれているミネラルが、紅茶の渋みをまろやかにしてくれます。カット・フルーツを加えたり、炭酸割りにしても、茶葉の豊かな風味が味わえます。

<前の記事

<前の記事
第71回/秋のパッセジャータ(お散歩)を楽しみましょう…

次の記事>

次の記事>
第73回/新春の美酒と水文化を楽しむ…

この連載の最新記事

イタリアの食と農を楽しみながら学ぶ

第79回/イタリアの食と農を楽しみながら学ぶ

夏野菜&果物で楽しむイタリアのテーブル

第78回/夏野菜&果物で楽しむイタリアのテーブル

美肌の旅、タラソテラピーでしっとり

第77回/美肌の旅、タラソテラピーでしっとり

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル