OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

そもそも髪に必要なものって何?潔さを追求したシャンプー&トリートメントの潔い名前は?

入ってなくていいものは、なるべく入れない。

余1

そんな思いを追求して開発したという、ヘアケアシリーズの発表会の会場は、潔いほどシンプルなディスプレイ。

余3

製品のボトルも全く装飾されていないデザインです。このシンプルさに、かえって力強さを感じました。

 

 

そもそも髪に必要なもの、不要なものって!?

余2

写真左が今回のシリーズの発起人であり、監修をしたヘアスタイリストの高柳潤さん。代表を務めるサロン「omotesando atelier」を拠点にしつつ、豊かな自然の中で行う完全予約制のカットセッションも行っているんだとか。

 

写真右は、自然由来成分100%のコスメを開発製造している「美容薬理」の金井誠一さん。石油系化学物質などの防腐剤はもとより、薬事法で表示義務のない安定剤も不使用と〈真のナチュラル〉を追求し続けているのだそう。

 

「僕自身、頭皮が荒れやすいこともあってインポートのナチュラルヘアケアはほとんど試しています。そのなかで、お風呂に入って髪を洗い流すのは1度リセットして自分をきれいに整える時間であるべきなのに、最近のアイテムはいろいろなものを足しすぎていると感じていました」と高柳さん。また、欧米人と日本人の髪質は違うから合うものが異なる、とも。

 

「そこで最初に依頼を受けたのは、石けんシャンプーでの開発でした。しかし、それだと使用感に問題が出てしまいます」とは金井さん。

余4

人工的な艶や香りは削ぎ落としつつも、頭皮や髪に必要なものだけを丁寧に生成する…。試作が出来るたびにサロンスタッフで試して検証を繰り返し、プロジェクト開始から4年もの月日がかかったと言います。

 

そうしてようやく完成したのが、髪をコーティングしてすぐに手触りの良さを実感するような即効性があるものではなく、使うごとに頭皮の環境を整えるようサポートするという、いわば遅効性のヘアケアシリーズです。

 

 

次のページで新製品をご紹介します!

<前の記事

<前の記事
第253回/群雄割拠の美白ジャンルで、10年ぶりに承認された新発想の美白医薬部外品とは?…

次の記事>

次の記事>
第255回/人間は横になると呼吸しにくいって知ってた?入眠しやすい方法とは?…

この連載の最新記事

「エストロゲン」が肌老化の鍵!スキンケアでどこまで対処できるの?

第273回/「エストロゲン」が肌老化の鍵!スキンケアでどこまで対処できるの?

ヒアルロン酸は6種類ある!? それぞれが肌に違った働きをするって知っていますか?

第272回/ヒアルロン酸は6種類ある!? それぞれが肌に違った働きをするって知っていますか?

すぐ効果を実感したい! せっかちな私たちにうれしい新美容液の秘密

第271回/すぐ効果を実感したい! せっかちな私たちにうれしい新美容液の秘密

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル