OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

秋の夜長に温泉カクテル

竹村和花

竹村和花

水ソムリエ&飲泉師

大学・短期大学の保健管理センターにて養護教諭として約7年間勤務。 結婚退職後は製薬会社にてアメリカFDA(厚生省)向けのGC分析を担当。 2000年ライターとして独立。温泉研究が高じてフィレンツェ在住に。

【所属】社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事 イタリア:ミネラル水鑑定士協会・公認水ソムリエ(Idro-Sommelier®)&水鑑定士(n.2689)

記事一覧を見る

<ミネラルウォーター・プラスαで美味しいカクテル>

竹村和花温泉カクテル
さてミネラルウォーターの飲み方には、ストレートに飲む以外に様々な飲み方があります。
今回はオクトバー・フェストなど新酒フェスタをご紹介したつながりで、アルコールとの相性から幾つか紹介してみます。

 

ミネラルを沢山含んだカラダに良いミネラルウォーターは、どうしても味が個性的になります。
そのためウイスキーやスコッチ、バーボンなど洋酒の割水に使って頂くのが定番です。イタリアに多い「ワインのミネラルウォーター割り」も、お酒を控えたい時に有効です。

 

日本のお酒なら、梅酒や焼酎、日本全国のご当地リキュールなどもオススメです。

よく温泉旅館のメニューに「焼酎の温泉割り」や「源泉カクテル」といった名前を見かけますよね。これはミネラルたっぷりの温泉を、そのままミネラルウォーターとして使っている例です。ただ温泉の場合は、新鮮な温泉をその場で使うことが決まりなので、自宅で誰もが楽しむには少し難しい気がします。
ところが、夏に紹介したミネラルウォーター「日田天領水」は、完全な単純温泉。「温泉」という名前では売っていませんが、自宅で「温泉割り」を楽しみたい方にはおすすめです。

 

水ソムリエは実は温泉もミネラルウォーターも含めた「飲泉師」なのです。
次回は、体質やライフスタイルにあった水タイプの選び方を紹介していきたいと思います。

 

 

次ページでは、おすすめの水の銘柄や、飲み方レシピをご紹介。

<前の記事

<前の記事
第25回/大人の美肌をつくる水 …

次の記事>

次の記事>
第27回/秋を楽しむアクア・ダイエット…

この連載の最新記事

イタリアの食と農を楽しみながら学ぶ

第79回/イタリアの食と農を楽しみながら学ぶ

夏野菜&果物で楽しむイタリアのテーブル

第78回/夏野菜&果物で楽しむイタリアのテーブル

美肌の旅、タラソテラピーでしっとり

第77回/美肌の旅、タラソテラピーでしっとり

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル