HAPPY PLUS
https://ourage.jp/healthy_gohan/181129/

火を使わず、最高に爽やかで洒落たワインのお伴を、人気のイチジクで!

杉本佳子

杉本佳子

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
1988年よりニューヨーク在住。1989年よりファッションジャーナリストとしてファッション、ファッションビジネス、小売りビジネスについて執筆。2013年より美容食研究家としても活動し始め、ブログ「YOSHIKOlicious Beauty」とインスタグラムを通じて、美肌効果の高い食材をなるべく使い、美味しくて見た目がお洒落な料理紹介している。見た目がきれいだと気分が上がり、食べて美味しいので嬉しくなり、美容と健康にいいのでさらにハッピーになる「3回ハッピーになる料理」がモットー。ファーマーズマーケットなどで買う生命力のあるオーガニックの食材をなるべく使う。食材の意外な組み合わせでも定評がある。

連載「負けない、メゲない。60代「NYでパートナー探し」の道」の関連トピックに特化した発信をThreadsでやっています。興味をもっていただける方は、是非フォローしてくださいね!

OurAgeインタビュー「1年半で11kgの減量に成功したビューティメソッドを考案」はこちら

記事一覧を見る

ほぼ夏の盛りにしか食べられないからこそ、貴重な果物、

イチジク

適度な甘みとねっとりした食感が特徴的で、香りも爽やか。そのまま食べても美味しいですが、これを料理に使いこなすと、グッと「気の利いた」一皿ができること、ご存じでしたか?

香りも味も強すぎないから、引き立て合う食材と合わせると、とても品のいい味わいが楽しめます。

ニューヨーク在住のファッション・ジャーナリストの杉本さんが提案するのは、とても手軽でいて、センスを感じさせるイチジクづかい。どれも一切火を使わないのも、この季節には嬉しいポイントです。

真夏の夜のワインのお伴に、早速取り入れてみては?

 

不老長寿の果物・イチジクは、フィンガーフードで手軽に新鮮に

「不老長寿の果物」と言われているフルーツがあります。なんだと思われますか? それはイチジク! 水溶性食物繊維を多く含んでいるのですが、それはすなわち便秘や食後の急激な血糖の上昇を防ぎ、コレステロールの吸収を抑制するなど、健康効果が高いことを意味します。イチジクは、ポリフェノールの一種であるアントシアニンも含んでいます。健康だけでなく、美容にも効果のあるフルーツなんです。

 

ニューヨークでは、イチジクは6月あたりに一番出回りますが、日本では8月ごろに出回るのがピークのようですね。

ニューヨークでは、このような小さなかごに入れられて売られているのが一般的です。今回は、生のイチジクを使って手軽にできてお洒落なフィンガーフードをご紹介しますね。

 

無造作に籠に盛られたイチジクたち。新鮮なものを買って、すぐ食べきるのが美味しくいただくコツ

 

以前、レストランでイチジクと生ハムを使ったオープンサンドイッチを食べた時、とっても美味しく、イチジクと生ハムの相性の良さを実感しました。ここでは、スライスしたバゲットの上にゴートチーズをのせ(クリームチーズやモッツレラチーズでもいいと思います)、イチジク、生ハム、トマトをのせ、上にバジルの葉っぱを飾っています。緑の葉っぱが加わると、一段ときれいですね!

 

ちょっとクセのあるゴートチーズは通好み。おもてなしの時は、お客さまに合わせてチーズを選びます 

 

イチジクは基本、チーズと相性がいいものです。ここで使っているのは、マスカルポーネチーズ。

イチジクは半分にカットしただけで、大胆に使います。そこにキンカンをのせ、砕いたピスタッチオを散らし、煮詰めたバルサミコビネガーをかけました。キンカンの代わりに、プチトマトももちろん美味しいです。大きさによっては、半分に切ってのせた方が収まりがいいでしょう。もちろん、赤のプチトマトでもいいのですが、なんとなくここではオレンジ色のものがより合う気がします。

 

複雑な酸味と香りが絶妙なハーモニーを奏でる、見た目にもゴージャスなオードブル

思いがけない漢方食材とも相性良し。甘味も加わり滋味も倍増

せっかく買ってきたイチジク、食べてみたらちょっと甘みが足りない気がした経験はありませんか?そんな時のお勧め解決策は、クコの実を混ぜてジャム状にすることです。日本ではクコの実というと、中華がゆに入っているイメージが強いと思いますが、ニューヨークでは中華の素材とは限らず、美容と健康にいい食材として、ヘルシーなグルメフードストアでも売られています。英語では「ゴジベリー」と言います。乾燥したクコの実は、水にちょっと浸して柔らかく戻します。イチジク5個くらいに対しクコの実ひとつかみくらいの割合でフードプロセッサーに入れて、どろどろにします。クコの実を合わせることで、自然な甘みが加わります。ここでは縦半分に切ったイチジクの上に、クコの実を混ぜたソースをのせ、小さな丸いモッツレラチーズを置いて、最後にミントの葉をソースに刺しました。モッツレラチーズは、丸くカットしてあるものが手に入らなければ、四角くカットして使ってもいいと思います。余ったソースは、ヨーグルトにかけても美味しくいただけます。

 

 不老長寿の果物・イチジクとアンチエイジング効果があると言われるクコの実という最強の組み合わせ! しかも美味
MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第14回/脱!定番。トマトがもっと美味しくなる絶妙サラダレシピ

次の記事>

次の記事>
第16回/ローストすると甘くなる! パプリカの美味しいローストレシピ

この連載の最新記事

果汁よりも皮の方が栄養豊富!「レモンの皮」が主役のレシピ3

第85回/果汁よりも皮の方が栄養豊富!「レモンの皮」が主役のレシピ3

季節を味わうホワイトアスパラガスのおもてなしレシピ! ゆで汁は絶対捨てないで!

第84回/季節を味わうホワイトアスパラガスのおもてなしレシピ! ゆで汁は絶対捨てないで!

卵の黄色パワーで、食卓を明るく春らしく♪

第83回/卵の黄色パワーで、食卓を明るく春らしく♪

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル