HAPPY PLUS
https://ourage.jp/healthy_gohan/31684/

酒粕と干し柿で、寒さに負けないカラダに!

酒粕と干し柿で、寒さに負けないカラダに!
こんにちは。料理家の山田玲子です。

1月も終盤、寒さもいよいよ本格的になってきましたが、みなさん元気にお過ごしでしょうか。

 

さて、今日ご紹介するのは酒粕と干し柿を使った小鉢。「意外な取り合わせ…」と思われる方も多いかと思いますが、これがとても相性がよいのです。さらに、セロリやキュウリ、かぶなどの野菜を加えると、とっても美味。サラダのようにパリパリと野菜をたっぷりいただけます。

 

山田玲子酒かす

 

干し柿と酒かすの和え物

 

材料
かぶ…2個  セロリ…1/2本  きゅうり…1本  干し柿…1個
塩…小さじ1  酒粕…30g  みりん…小さじ1
作り方
①かぶは一口大に切り、セロリは薄切り、きゅうりは一口大に切る。干し柿は1センチ角に切る。
②①に塩を加えてよく揉みこみ、10分くらい置いておく。野菜から水が出てくるので、水気をよくきる。
③みりんで酒粕をよく溶き、これを②に加えて混ぜる。冷蔵庫で少し置いてからいただく。

——————————————————

酒粕は日本酒を絞ったあとに残る白い固形物。酒粕の料理と言えば、粕汁や甘酒など、昔ながらの「体を温める冬の定番料理」によく使われますね。また、干し柿は渋柿を干したもの。晩秋に産地の山梨に行くと、どこの農家の軒先もオレンジのカーテンのように柿がさがっていてとてもきれいです。
私は酒かすも干し柿も山梨から送ってもらっていて、この2つを見ると「日本の冬」を感じます。

 

そんな日本情緒あふれる2つの食材。おいしいのはもちろんのこと、とても美容・健康効果が高いことを皆さんご存知でしょうか。

 

酒粕は栄養豊富な発酵食品で、食物繊維、ビタミンB群やアミノ酸など、体の調子を整え、代謝をアップしてくれる栄養がたっぷり。美肌効果が高いことでも知られていますね。昔から酒粕でパックすると肌が白くなると言われていて、最近は、酒粕を使った美白化粧品も人気のようです。

 

干し柿には生の柿の3倍以上のβ-カロテンが含まれています。β-カロテンは、高い抗酸化作用、すなわち、活性酸素(体をサビつかせて老化を促進する原因となる)を除去する働きがあることで注目されています。若々しく、サビない体作りには欠かせない成分です。また、β-カロテンは体内でビタミンAに代わり免疫力をアップに役立ちます。風邪やインフルエンザが流行するこの時期に特に嬉しいですね。
彩りもとてもキレイな一品。ぜひお試しください。

 

 

 

山田玲子公式HP http://www.reiko-cooking.com/

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第3回/免疫力アップ効果で注目のヨーグルトをデザートに

次の記事>

次の記事>
第5回/「野沢菜」に、チーズを合わせたおしゃれなおつまみ

この連載の最新記事

【広島発】広島県産の春牡蠣を贅沢に使用した、旨味たっぷり「広島オイスター」

第108回/【広島発】広島県産の春牡蠣を贅沢に使用した、旨味たっぷり「広島オイスター」

【銚子発】土づくりからこだわり丁寧に育てた、栄養たっぷりキャベツ

第107回/【銚子発】土づくりからこだわり丁寧に育てた、栄養たっぷりキャベツ

【富山発】名物、昆布締め。昔ながらの知恵で魚、野菜、きのこをおいしく食す

第106回/【富山発】名物、昆布締め。昔ながらの知恵で魚、野菜、きのこをおいしく食す

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル