HAPPY PLUS
https://ourage.jp/kounenki_no_chie/more/318819/

【46歳】更年期の先、老後や死に向かって生きなきゃいけないと思うと不安です/高尾美穂先生の更年期相談室

悩み多き更年期世代。女性の悩みに温かく的確なアドバイスをくれると評判の産婦人科医・高尾美穂先生に、読者の「この先が不安」というお悩みを相談しました。

老後や死への不安

Q.

更年期より、その先、老後や死に向き合って生きなきゃいけないと思うとそのほうが不安。(46歳・会社員)

 

A.
老後を不安に思うのは、今、具体的な悩みがないということで、こんなに幸せなことはありません

「“生きなきゃいけない”という表現をされていますが、生きたくても生きられない人もたくさんいます。老後や死に対して不安になるということは、今現在は特に具体的な不安がないということで、こんなに幸せなことはありません。20年前の自分は、今の年齢になった自分を心配していたでしょうか? もしそうだったとしても、当時、心配していたようにはなっていないはずです。そう考えると、先の心配ばかりして過ごすのは、もったいない時間の使い方です。昨日と今日を比べると、一歩進んでいることはあります。年をとることに対して、ネガティブな変化でなく、よい変化を探すほうが幸せになれますよ」

 

起きていないことは、不安がらない。起こってから考えよう

 

※この企画で取り上げた悩みは、2022年7月28日〜8月10日にWebマガジンOurAgeで募集したものです。

 

【高尾美穂先生ってどんな人?】

・高尾美穂
・高尾美穂さん
産婦人科専門医
公式サイトを見る
Instagram Instagram

イーク表参道副院長。産婦人科専門医。さらにスポーツドクター、ヨガ指導者でもあります。産婦人科医になったのは「一人の女性の体を、初潮を迎えたとき、生理痛やPMSで悩んだとき、恋愛をして性交渉のことで悩んだとき、妊娠・出産のとき、更年期、閉経後と、人生を通して長く診ることができるから」だそう。診療のかたわら、NHK「あさイチ」への出演をはじめ、多数のメディアやSNSで情報を発信。音声配信アプリstand.fmの番組「高尾美穂からのリアルボイス」ではリスナーの多様な悩みに回答しています。著書に『大丈夫だよ 女性ホルモンと人生のお話111』(講談社)など。脳外科医の夫あり

 

 

撮影/山田英博 高尾美穂<アイキャッチ背景写真> 取材・原文/和田美穂

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第20回/【53歳】今まで仕事一筋で頑張ってきましたが、最近自分の人生は何だったのかと悩み…

次の記事>

次の記事>
第22回/【50歳】生理があと1カ月来なければ閉経。女らしさを失うのが怖いような気持ちです…

この連載の最新記事

【46歳】人づき合いは疲れます。みんなの輪に入らなくていいならそれもありでしょうか?/高尾美穂先生の更年期相談室

第24回/【46歳】人づき合いは疲れます。みんなの輪に入らなくていいならそれもありでしょうか?/高尾美穂先生の更年期相談室

【46歳】人に嫌われたくなくて自分の意見が言えず、本当に仲のいい人がいません/高尾美穂先生の更年期相談室

第23回/【46歳】人に嫌われたくなくて自分の意見が言えず、本当に仲のいい人がいません/高尾美穂先生の更年期相談室

【50歳】生理があと1カ月来なければ閉経。女らしさを失うのが怖いような気持ちです/高尾美穂先生の更年期相談室

第22回/【50歳】生理があと1カ月来なければ閉経。女らしさを失うのが怖いような気持ちです/高尾美穂先生の更年期相談室

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル