HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/daily-tweets/336639/

イヴ・サンローラン大回顧展に行った件…ファッションを通して彼は女性に自信と安心を与えてくれた

ふみっちー

ふみっちー

ネコを愛するネコっ毛の50代。ツンデレ猫・リリララ姉妹に日々翻弄されてます。美と健康の情報は大好物です!

記事一覧を見る

街でこのポスターを見かけるたびに「行かなきゃ!」と思っていました。

イヴ・サンローラン展 駅貼りポスター

イヴ・サンローラン展 時を超えるスタイル

 

国立新美術館で、12月11日(月)まで開催中です。

 

「彼の服はとてもモダンだった。私が若かった頃からね」

「彼はショーで歩いている服をそのまま街で歩ける服にしたの。さまざまな束縛を取り払ってね」

 

これは今回の大回顧展のPR番組で、おそらく80代とおぼしき欧米人女性が語っていた言葉。そう、イヴ・サンローランといえば「モードの帝王」、OurAge世代の憧れブランドのひとつですよね。

 

彼の輝かしいプロフィールは、今さら語るまでもないでしょう。19歳でファッションブランド「ディオール」に就職。1957年、ディオール氏の死去にともない、なんと21歳の若さでディオールの主任デザイナーに就任。25歳で自分のブランド「イヴ・サンローラン」を立ち上げ、その4年後には早くもプレタポルテラインの「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」を創設。以来、世界中を魅了し続け、40年以上の長きにわたって、モードの最先端で活躍しました。

 

というわけで、行ってきました!

イヴ・サンローラン展 入口

 

平日というのに、かなりの賑わい。しかも来館者もみなファッショナブル!おしゃれ大好きな20代の友だち同士、和服のマダムたち、おそらく30代と70代と思われる母娘(二人ともスタイリッシュ!)、外国人の姿も、カップルも目立ちます。

 

インタビュー動画を観ていたら、隣につえをついた70代くらいのマダムが。ほっそりした体にぴったり合った、しなやかなライダースジャケット、ポルカドットのロングスカート、ハンチング帽。あまりに素敵なので声をかけたら「このジャケットはフランスの友人が送ってくれた子供の古着なの。服ってたいてい、自分で作っちゃうの」と、こともなげに答えて、さっそうと去っていきました。

 

大回顧展では彼の人生をたどりながら、そのクリエーションや多岐にわたる才能を存分に見ることができます。幼い頃から絵がとても上手、16歳で母親のファッション誌を切り抜いて作った「紙のクチュールメゾン」の緻密さには舌を巻きます。ディオールで働いていた21歳の頃には、同僚をモデルにした「おてんばルル」という漫画を描き、後にフランソワーズ・サガンのすすめで、出版もされました。その才能はデザインの下絵にもおおいに発揮されています。

 

そして、素晴らしいドレスの数々!ぜひ足を運んでご自分の目で確認ください。ここで、撮影OKだったドレスをいくつかご紹介しますね。

イヴ・サンローラン展 モンドリアンドレス

イヴ・サンローラン展 モンドリアンドレス

なんといってもアイコニックなカクテル・ドレス!上はピート・モンドリアン、下はセルジュ・ポリアコフへのオマージュだそう。本当にモダン、一切の無駄をそぎ落として、限りなくスタイリッシュです。

 

イヴ・サンローラン展 アイリスジャケット ゴッホへのオマージュ

≪アイリス≫イヴニング・アンサンブルのジャケット フィンセント・ファン・ゴッホへのオマージュ

 

イヴ・サンローラン展 ジャケット ピエール・ボナールへのオマージュ

イヴニング・アンサンブルのジャケット ピエール・ボナールへのオマージュ

 

イヴ・サンローラン展 ウェディングカウン ジョルジュ・ブラックへのオマージュ

ウェディング・ガウン ジョルジュ・ブラックへのオマージュ 舞台衣装のようですね!

 

イヴ・サンローラン展 イヴニング・アンサンブル ジョルジュ・ブラックへのオマージュ

イヴニング・アンサンブル ジョルジュ・ブラックへのオマージュ

 

イヴ・サンローラン展 カクテルドレス ポップアートへのオマージュ

カクテル・ドレス ポップアートへのオマージュ

 

その他にも見ごたえあるドレスがたくさん! 一切の装飾がない、中世風の黒ベルベットのドレスがあるかと思うと、極楽鳥やダチョウの羽を使った派手ーな舞台衣装に目を奪われ、カトリーヌ・ドヌーブが映画「昼顔」で着た禁欲的な白襟の黒ワンピースに「逆にエロい…」と思っていると、ロシアのマトリョーシュカのようなユーモアあふれるウェディング・ガウンが登場し…彼の才能の豊かさには、本当に驚かされます。

 

そしてクチュール感あるドレスだけでなく、今も定番として誰もが手にする服に、スタイルを吹き込んだのがイヴ・サンローラン最大の功績でしょう。トレンチコート、ピーコート、パンツルック、タキシードスタイル、ジャンプスーツ、サファリルック…今ではごく当たり前に街で見かけるスタイルも、彼が取り上げなければ、私たちは着られなかったかも。こんな服、着ていいの!?って当時は思われていたそうです。そんな時代に「自分の好きな服を着ていいんだよ」と、女性たちの背中を押したのがイヴ・サンローラン。彼にはこんな名言があります。

 

「ファッションは女性を美しくするだけのものではない。女性に自信と安心を与えるものだ」

 

帰り道の地下鉄、隣に座った女性は素敵なジャンプスーツを着ていました。降りた駅のホームを、トレンチコートの裾をひるがえして、若い女性が急ぎ足で歩いていきました。

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第527回/大反響だった伝説の鍋が初のフルモデルチェンジ! バーミキュラ オーブンポット2…

次の記事>

次の記事>
第529回/50代、手指のこわばりと痛みが。それで超軽量セラミックの包丁を使ってみました

この連載の最新記事

【広がる、うねる。髪の湿気対策】湿度が高い日も髪が広がらず、まとまる!ラ・カスタ アロマエステ エンリッチグロウ ディープマスクとイトクハシ スタイリング&マルチケアオイル

第599回/【広がる、うねる。髪の湿気対策】湿度が高い日も髪が広がらず、まとまる!ラ・カスタ アロマエステ エンリッチグロウ ディープマスクとイトクハシ スタイリング&マルチケアオイル

「エリクシール ザ セラム aa」は別名“倍速美容液®”。「すべてに、すばやく」の夢がかなう日が来た!?

第598回/「エリクシール ザ セラム aa」は別名“倍速美容液®”。「すべてに、すばやく」の夢がかなう日が来た!?

自分は大丈夫?血管の病気とHRTのリスクチェックのために、動脈硬化外来に行ってみた!

第597回/自分は大丈夫?血管の病気とHRTのリスクチェックのために、動脈硬化外来に行ってみた!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル