更年期には副腎機能も落ちやすい!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。
ハーバード大学医学部教授・根来秀行ドクターによるカラダ年齢若返り企画第7弾「副腎年齢を若返らせる!」の2回目ですよ。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。
前回予告した通り、ストレスと副腎の関係についてお話したいと思います。

 

 

いし 肉体的にも精神的にもストレスフルな更年期世代は、副腎環境が悪化しやすいのでは?

 

 

根来 そうですね。自律神経的にも、40代頃からリラックスに導く副交感神経が上がりにくくなり、興奮を促す交感神経が優位になるため副腎にも負荷がかかりがち。副腎がホルモン制御しにくい状態に陥りやすいのは確かです。

 

 

いし やっぱり。

 

Dr.negoro_Ill

 

 

根来 ストレスで副腎機能が低下している状態を、アメリカでは「アドレナル・ファティーグ」といいます。

 

 

いし アドレナル・ファティーグ?

 

 

根来 日本語に訳すと「副腎疲労」です。ちなみに、副腎は英語でアドレナル・グランド、「アデレナリンの分泌腺」という意味です。

 

 

いし へぇー、初めて聞きました。副腎機能が低下するということは、副腎で作られるホルモンに影響が出てくるということ?

 

 

根来 ええ。特に問題なのはコルチゾールです。

 

 

いし コルチゾールは抗ストレスホルモンですね。

 

 

根来 そうです。慢性的にストレスがかかったり、体に炎症が起きたりすると、副腎は体を守るためにコルチゾールを出し続けなければならず、副腎に大きな負荷がかかります。そして厄介なことに、コルチゾールが分泌されると、老化の原因となるフリーラジカルが大量発生するのです。

 

 

いし 体がさびついちゃう。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第67回
更年期には副腎機能も落ちやすい!/Dr.根来の体内向上プロジェクト


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top