OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

正しい脈の取り方、教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

記事一覧を見る

いし こんにちは。ぐうたらライターいしまるこです。

ハーバード大学医学部根来秀行教授のweb講座「心臓年齢を若返らせる!」の8回目ですよ。

 

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。

脈は心臓の健康のバロメーターです。
今回は、自分で脈をとって安静時の拍動を測定してみましょう。

 

 

いし 東洋医学では脈診を重視しますけど、自分でも正しく脈を取れたら、健康管理にすごく役立つでしょうね。

 

 

根来 そうですね。普段の自分の脈を知っておくと、体の不調や異変にも気づきやすくなると思いますよ。

 

 

いし 脈を感じる場所といえば、手首や首ですね。

 

 

根来 手首や首で感じられる脈は、全身に血液を送り出す働きをしている心臓の左心房と左心室の拍動が血管に伝わってきたものです。

 

 

いし 考えたこともなかったけど、そんなふうに意識してみると、ひとつひとつの脈がいとおしくなりますね。

 

 

根来 ですよね。ちなみに左心房の鼓動は小さいのであまり感じられず、脈としてハッキリ感じられるのは左心室の鼓動です。

 

 

いし ヘェ〜、そうなんですか。
ところで、脈をとるといえば、やはり手首ですよね。
あれれ、よくわからないなあ。脈が弱いのかなあ。

 

 

根来 血管の位置は人によって多少異なるので、脈が触れる場所を探して少し位置をずらしてみてください。少しだけ強めに押してみるといいですね。
1分間測って回数やリズムを確かめましょう。

 

 

●正しい脈の取り方

 

・基本は手首で測る

Dr.negoro_Ill

手首のとう骨動脈は、手のひら側の人さし指から引いた線が手首と交差したあたりにあります。 左手の手のひらを上に向け、人さし指の延長線上の手首の位置に、右手の人さし指、中指、薬指の3本の指を当ててみてください。 中指で拍動を感じとるようにすれば、無理な力が入らず測定できます

 

 

いし あっ、脈発見!

 

<前の記事

<前の記事
第79回/命にかかわる怖い不整脈とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

次の記事>

次の記事>
第81回/脈を整えて、健やかな心臓になるには?/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

この連載の最新記事

睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第95回/睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第94回/脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第93回/脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル