爪トラブルを解決して足に自信を!④最新の巻き爪矯正治療法について

プロフィール写真

大木 美佳 先生

1965年生まれ。東銀座ウェルズクリニック院長。

形成外科医として実績を積んだ後、渡米。

アメリカでの形成・美容皮膚科の経験を生かし、

2012年、東銀座ウェルズクリニック院長に就任。

同クリニック内に「女性のための爪専門外来」を開設。

女性のフットケア診療に精通

素足に自信を!

爪コンプレックス解消宣言

 

足の爪が不格好、痛みがあってお手入れができない…爪が理由で素足に自信が持てない人、とても多いものです。 今年こそ堂々と素足を見せられるよう、爪トラブルを解決!

 

 

トラブルに気がついたら

自己判断する前に専門家へ相談!

 

手の爪にこだわる人は、史上最多なほど増えているのに、足の爪となるとまだまだ…。OurAge世代ならなおさらです。

 

爪の様子が変わってきた、トラブルかもしれない…と思ったら、まずは爪に詳しいプロのもとへ!

 

 

 

 

まさにオーダーメイド!  巻き爪矯正最前線

 

今や痛みを緩和しつつ、爪のまわりを傷つけたりしないで巻き爪を矯正できる…そんな方法が主流。

 

今回は、東銀座ウェルズクリニック「女性のための爪専門外来」のメニューを例に、治療法をご紹介します。症状やその人の事情に合わせて組み合わせもできる、オーダーメイド的な矯正法です。

 

 

 

 

【巻き爪の矯正・治療】

 

 

「矯正方法①」

MyAge_006_P037-01-1_Web用

■素材・仕組み

形状記憶処理をした超弾性ワイヤーを爪に通し、ワイヤーが伸びようとする力で改善

 

■メリット

痛みがなく、スピーディに治療できる。リーズナブル。ネイルアートOK

 

■デメリット

爪の端が短いとワイヤーが通せない。均等に巻いていない爪は痛い。ストッキングなどに引っかかりやすい

 

■向いている爪

ある程度伸びている爪。ワイヤーを通すだけの余裕がある爪

 

■施術時間

1爪につき約1~2分

 

■治療頻度

2~3カ月に一度ワイヤーを交換。重症度によって調整

 

■価格

1爪¥2,110

 

 

 

 

 

「矯正方法②」

MyAge_006_P037-01-2_Web用

■素材・仕組み

樹脂性のプレート器具を差し入れてジェルで固定、爪の端を引き出すようにして矯正

 

■メリット

透明なので目立たない。爪が弱い人や割れやすい人でもできる。ネイルアートOK

 

■デメリット

爪の端が短いとできない。爪の掃除の必要があるため痛みのある人には不向き。引っかけると壊れやすい

 

■向いている爪

ある程度伸びている爪

 

■施術時間

1爪につき約30分

 

■治療頻度

2~3カ月に一度交換

 

■価格

1爪¥4,270~( 巻いている角度によって変動)

 

 

 

 

 

「矯正方法③」

MyAge_006_P037-01-3_Web用

■素材・仕組み

透明で軽量な矯正専用のグラスファイバーを表面に貼りつけ、その弾力で矯正

 

■メリット

短い爪、端に余裕がない爪にも可。爪や皮膚を傷つけず装着できる。引っかかりにくい。ネイルアートOK

 

■デメリット

やや取れやすい

 

■向いている爪

爪が柔らかい人。短すぎてワイヤーが装着できない爪

 

■施術時間

1爪につき約20分

 

■治療頻度

約1カ月に一度、プレートを交換

 

■価格

1爪¥5,400

 

 

 

 

 

「矯正方法④」

MyAge_006_P037-01-4_Web用

■素材・仕組み

プラスチックチップ(つけ爪)を取りつけてから、超弾性ワイヤーを装着

 

■メリット

ワイヤーを装着するには短すぎる爪でも取りつけられる。ネイルアートOK

 

■デメリット

自爪にワイヤーができるようになるまでの暫定的な治療。自爪にワイヤーを通すより効果は弱め

 

■向いている爪

短すぎてワイヤーが装着できない爪

 

■施術時間

1爪につき約30分

 

■治療頻度

約2週間で、状態確認のため再診を

 

■価格

1爪¥5,400

 

 

 

 「症状に合わせて上記の組み合わせ、またはアレンジ」

 

◎超弾性ワイヤーのダブル使い:爪が弱い人は太いワイヤーを使えないため、細めのワイヤーを2本使い。
◎超弾性ワイヤー+BSスパンゲ:巻きの強さや爪の強度に合わせ、ふたつを組み合わせて矯正。
◎BSスパンゲのダブル使い:BSスパンゲ自体、爪の形や長さに合わせたものを選択し、場合によっては2本使いも。
◎BSスパンゲの半分使い:片側だけ巻いている場合や、症状によってはプレートを半分にして使用することも。

 

 

 

 

 

 

【巻き爪の痛み緩和・保護】

 

 

●保護チューブ

痛みが出ている部分に保護チューブを装着。痛みが強い場合やコットンパッキングを毎日自分でできない人向け。2カ月ほどつけたままでOK

 

 

MyAge_006_P037-02_Web用

 

 

 

 

●爪クリップ

金属製のクリップを爪の先に差し込む簡易矯正法。弱い爪でも装着可能です。自分でも着脱ができるので矯正後に安定させる目的で使用

 

MyAge_006_P037-03_Web用

 

 

 

 

●テーピング

角が皮膚に食い込んで炎症を起こしている場合の保険診療のひとつ。皮膚から食い込んだ部分を離すように強く引っ張りながらテープを巻きます

 

MyAge_006_P037-04_Web用

 

 

 

 

●コットンパッキング

こちらもベーシックな痛み対処法で、保険診療。コットンを小さく丸め、痛みが出ている部分に詰め込んで刺激を緩和。自宅ケアの指導も

 

MyAge_006_P037-05_Web用

 

 

 

注:上の方法はあくまで東銀座ウェルズクリニックの場合です。また、巻き爪矯正の場合、上記の料金以外に初診料(¥7,200)や再診料(¥2,050)がかかります。

 

 

 

 

 

東銀座ウェルズクリニック

MyAge_006_P034-05_Web用

 

DATA

ロート製薬がバックアップする保険医療機関。

皮膚科・形成外科・美容皮膚科。

「女性のための爪専門外来」もメニューによって保険診療あり。

毎週水曜日は「爪と足の特別外来」として整形外科医が診療を担当。

 

東京都中央区銀座3-13-11 銀座芦澤ビル2F

電話:03-3542-3737

診療時間/11:30~15:00、16:00~19:30

(土・日曜9:30~12:30、13:30~17:30)
休診日/祝日、隔週日曜 完全予約制
http://www.wells-clinic.jp

 

 

 

 

 

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/蓮見則子

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第43回
爪トラブルを解決して足に自信を!④最新の巻き爪矯正治療法について


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top