HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/184277/

「たたききゅうりの、とろろ昆布あえ」レシピ! グルタミン酸で脳が活性化【簡単あえるだけで認知症を防ぐ】

舘野真知子さん

舘野真知子さん

Machiko Tateno
料理研究家・管理栄養士。病院勤務後、アイルランドの料理学校留学などを経て、レストラン「六本木農園」初代グランシェフを務めた後、フリーで活動

脳活に効く食材や食べ合わせルールなど、ちょっと知っているだけで認知症リスクを減らすことができます。今回は、栄養豊富ですぐにそのまま使えるとろろ昆布を使った、簡単あえるだけレシピを取り上げます。

 

 

とろろ昆布の旨味と酢の酸味で減塩

たたききゅうりの
とろろ昆布あえ

とろろ昆布は栄養豊富。薄く削ってあるため、
旨味や有効成分が溶け出しやすいのもうれしい。

材料(2人分)
きゅうり……1本
塩……小さじ1/3
ごま油……小さじ1
とろろ昆布……2g

ミニトマト……4個
酢……小さじ1

 

作り方

1きゅうりは麺棒でたたいてほぐす。ミニトマトは半分に切る。ボウルにきゅうり、ミニトマト、塩、酢、ごま油を入れてあえる。

2器に①を盛りつけ、とろろ昆布をのせる。

 

脳活ポイント!▶とろろ昆布のグルタミン酸

グルタミン酸により、脳が活性化。記憶力や集中力アップの効果が期待されています。

 

次回は、お手軽!さんまのかば焼きの缶詰を使った簡単あえるだけレシピです!

 

撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子

 

MyAge2019夏号 購入アイコン

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

PR
<前の記事

<前の記事
第18回/食物繊維たっぷり!「めかぶとマグロの梅あえ」レシピ【簡単あえるだけで認知症を防ぐ】…

次の記事>

次の記事>
第20回/ビタミンDが豊富「サンマのかば焼き缶とキャベツのあえもの」レシピ【簡単あえるだけで認知症を防ぐ】…

この連載の最新記事

「抹茶寒天あんずシロップ」レシピ【脳活食材で罪悪感なしの満足スイーツ】

第26回/「抹茶寒天あんずシロップ」レシピ【脳活食材で罪悪感なしの満足スイーツ】

「きな粉あずきヨーグルト」レシピ【脳活食材で罪悪感なしの満足スイーツ】

第25回/「きな粉あずきヨーグルト」レシピ【脳活食材で罪悪感なしの満足スイーツ】

「アボカド味噌あえそば」レシピ【認知症を防ぐ主食】

第24回/「アボカド味噌あえそば」レシピ【認知症を防ぐ主食】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル