OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/228534/

フライパンひとつでOK! 美味しくておなかすっきり! さつまいもとりんごのガレット

山脇りこ

山脇りこ

料理家。週に6日は家で晩ごはんを食べる夫とふたり暮らし。50歳を過ぎてからは日々のごはんの7割が野菜に。旬の食材や、だし、調味料にこだわりつつ、忙しい人にも作りやすい家庭料理を伝えている。「3分クッキング」や「あさイチ」などのテレビや、雑誌でも活躍中。『明日から、料理上手』『野菜のたのしみ』『いとしの自家製』など、著書多数。台湾好きで台湾のガイド本『食べて、笑って、歩いて好きになる大人のごほうび台湾』に続き、『いとしの台湾スープ』が2020年10月発刊に。
代官山で料理教室「リコズキッチン」を主宰。教室情報はインスタグラムやFBで。instagram : yamawakiriko ブログ:rikoskitchen.com   FB:山脇りこ

pommes paillasson (ポム・パイヤソン)は、直訳すれば、じゃが芋のわらの玄関マット。見た目から名付けたのでしょうか?じゃが芋を細かく切って平らに焼き上げたフランスのお惣菜です。それを、旬のさつまいもとりんごで。おやつにも、一人のお昼にも、いつもとちょっと気分が変わって、おすすめです。

 

 

さつまいもとりんごのガレット

りんごには、「1日1個のりんごは医者いらず」と言われる通り、血液中のコレステロールを下げたり、血糖の上昇を抑える働きがあるとされています。

また、植物繊維が豊富で、便秘解消効果も期待できます。同じく食物繊維豊富なさつまいもと一緒に食べて腸を活性化させましょう。

さつまいもには、加熱に強いビタミンCも豊富なので、生の野菜に食指がのびない寒い冬にこそ、ぜひ。

 

材料 (直径15センチ、1枚分)

さつまいも 1本(150g、小さめのもの。大きい場合は半分に。)

りんご 半個

薄力粉 大さじ1

牛乳 大さじ2

植物油 大さじ 1

バター、塩 好みで

※フッ素樹脂加工(テフロンなど)されたフライパンで作ってください。

 

作り方

1.サツマイモは皮をむいて、りんごは皮ごとスライサーで千切りにし、切ったものはどんどんフライパンに入れる。(写真)

 

2. 1に薄力粉、牛乳を入れて、全体にいきわたるようにさっくりと混ぜる。(写真)

 

3.円形に整え、周囲に植物油をまわしかけて(写真)中火にかけて焼く。

4.2分ほどで縁がじりじりと焼けてきたら火を弱め、蓋をして4分蒸し焼きする。

 

5.蓋をとり、返して(写真)、さらに2,3分焼く。仕上げに好みでバターをのせて溶かし、塩をふる。

 

 

飾りに、ミントの葉を添えています。

 

簡単美味しい一品で、おうちごはんをより楽しく!

<前の記事

<前の記事
第17回/ボウル1つでOK!簡単、アレンジ自在!!腸活の女王、きのこ2種のオイル煮…

次の記事>

次の記事>
第19回/ボウルひとつでOK! 栄養バランス&アレンジ力最強! 簡単・失敗なしのレンチンミルクシチュー…

この連載の最新記事

ボウルひとつでOK! お腹のおそうじ&血液サラサラ れんこんと新玉ねぎのレンチン チキンカレー

第22回/ボウルひとつでOK! お腹のおそうじ&血液サラサラ れんこんと新玉ねぎのレンチン チキンカレー

鍋ひとつでOK! しょうがたっぷりで代謝を上げる! ハフハフ幸せ 台湾の冬の定番鶏鍋

第21回/鍋ひとつでOK! しょうがたっぷりで代謝を上げる! ハフハフ幸せ 台湾の冬の定番鶏鍋

鍋ひとつでOK! 温活・美肌・免疫力に。万能! お正月に食べたい、酒かすしっとりゆで豚

第20回/鍋ひとつでOK! 温活・美肌・免疫力に。万能! お正月に食べたい、酒かすしっとりゆで豚

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル