PART1「まとめ野菜」ストック㉒塩きゅうりストック/作り方

プロフィール写真

夏梅美智子さん

東京都狛江市生まれ。雑誌やテレビなどを通して、簡単でおいしく、体にやさしい家庭料理を提案し続 けている。また「狛女(こまめ)」と名づけたグループで地元での食の活動にも忙しい。
近著に『もっと朝ラクおべんとう』(主婦の友社)

塩きゅうりストック

 

外食よりも栄養バランスを考えて作れる手作りごはんの方が体にいいってわかっていても、仕事などで忙しくて、毎日手作りはタイヘン・・・そんな時に活躍してくれるのがストックおかず。

 

夏梅美智子先生著作「ストックおかずの知恵」より、お役立ちレシピをご紹介していきます。

 

 

【塩きゅうりストック/作り方】

 

冷蔵庫の常備野菜きゅうりに塩をちょっとふって水気を出し、
縦横4つに切ってストック。
1〜2分、手間をかけるだけで料理の幅がぐんと広がります。

 

そのままポリポリ、おつまみやサラダでポリポリ。
夏は薄切りにして冷や汁にも。

 

きゅうりストックの基本は3本?

「できれば5本ね。すぐに食べちゃうから」
夏梅先生の納得のひと言です。

 

 

●ストックの作り方●

保存

冷蔵庫で3〜4日

密閉容器、または保存袋を使用

 

材料(作りやすい分量)

きゅうり 5本

塩 小さじ1

 

作り方

1 塩少々(分量外)をきゅうりにふり、まな板の上で板ずりする。

2 水洗いして縦横4等分に切る。

3 袋に入れ、塩をふる。10分くらいおくと水気が出ているので、ペーパータオルで水気をふく。

 

きゅうりをまな板に並べ、塩をふってから板にこすりつけるように転がす

 

まな板に少し色がつくようになったら、水洗いし縦横4つに切る

 

保存できる袋に入れて塩をふると、味がからめやすく、水気も出やすくなる

 

 

 

次回は、塩きゅうりストックを使った「中華風サラダ」のレシピをご紹介します。

 

 

撮影/野口健志 スタイリスト/肱岡香子

 

「ストックおかずの知恵」(集英社)
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-333119-0&mode=1

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第22回
PART1「まとめ野菜」ストック㉒塩きゅうりストック/作り方


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top