野生動物に、絶景に、元気をもらう 南オーストラリア州カンガルー島の旅(前編)

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。カンガルー島は、南オーストラリア州の州都アデレードから飛行機で約30分またはフェリーで約45分、オーストラリアで3番目に大きな島です。カンガルーだらけ?と私も思っていたのですが、そうではなくて実にたくさんの動物に出会えます。絶景や自然がいちばんの贅沢と感じるカンガルー島の旅を前後編の2回に分けてご紹介します。

 

東京都の約2倍の大きさの島は3分の1が自然保護区。いろんな種類の動物や鳥、植物と驚きの出会いに満ちた2泊3日の旅は「カンガルー・アイランド・オデッセイ」というツアー会社のガイド付きツアーで。迎えに来てくれたマリーナさんは「ドイツに住んでいたこともあるけれど、このカンガルー島に惚れ込んで移住して来た」というオーストラリア人で、頼れるベテランガイドさん。ワイルドな道もなんのその、解説も丁寧、そしてランチの準備もすべてやってくれます。

カンガルー・アイランド・オデッセイ

https://www.kangarooislandodysseys.com.au (日本語・日本人ガイドあり)

 

 

まず、オーストラリア・アシカが1,000頭もいるというシール・ベイ自然保護区へ。遊歩道を歩いて海岸に近づくと、いるいるアシカたちが。そして、無防備に寝てる?!

アシカは3日間海に出ずっぱりで900 〜1200回も海に潜ってエサを探し、戻ってきたら3日間寝るという生活なのだとか。海岸で寝ているアシカたちは本当にお疲れのご様子。寝ている母にすり寄ってお乳を飲んでる子供のアシカもいてかわいい。生まれたてのアシカの毛皮は濃い茶色、シルバーのようなクリーム色になるのは生後2、3カ月後です。

 

1803年にアメリカ人によってほとんどのアシカが狩猟されたため、1827年に禁猟となり、このシール・ベイ自然保護区は、入り江によって護られたアシカの理想的な生息地となりました。ガイドなしにボードウォークから遠目で見ることも出来ますが、アシカがじっくりと見られるガイド同行の海岸ツアーをおすすめします(と、言っても近づき過ぎは禁物)。

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第75回
野生動物に、絶景に、元気をもらう 南オーストラリア州カンガルー島の旅(前編)

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top