コンチネンスケアについて、もっと知ってみませんか? ①

プロフィール写真

ネコとオペラと美味しい時間が好き。根っからのエピキュリアン。

新たな段階、50歳へのカウントダウン中です!

最近つくづく考えるQOL……。

他人事じゃないぞ、と自分に言い聞かせる日々。

こんにちは。深まる秋の気配に、しみじみしているふみっちーです。

今日は花王の「ヒューマンヘルスケア プレスラボ」発表会のご報告です。

 

kao_healthia

花王といえば、ヘルシア。会場でいただきましたー☆

 

さて、今日のテーマは……。

 

kao_qol

エイジングストレスを軽減して、

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の

向上を目指す!

 

あららー……ドンピシャ、ふみっちーのための発表会じゃないですか。

先日、“長生き時代”をどう生きるか、ちょっと考えてみませんか?  というコラムを書いて、QOLについて考えさせられたばかり。

花王さんはやっぱりいいところに目をつけてるな、今後とてもニーズのある分野だし、と聞く側も気合が入ります。

 

今回は、健康力・QOLの向上を応援する、新製品の紹介。

・疲れ・肩こりケア
・口内環境のケア
・コンチネンス(尿もれ)ケア

の3つの分野から、それぞれに特化した製品の紹介と、その背景の説明があります。

 

 

で、ですね!

ふみっちーがどーしても気になったのがコンチネンスケア。

 

トイレ問題ってとっても大切だと思うんです。その人の尊厳に関わることだし、人にはなかなか相談したり頼ったりしにくい問題だし。
それに、トイレが気になって外出しにくくなる → 引きこもり → 憂鬱になりやすくなる、なんて悪循環に陥ったら悲しい。ないがしろにできない問題だと思います。
実際、花王の調査によると、なかなか切実かつ深刻な現実が浮き彫りになりました……。

まず、軽い尿漏れは男女を問わず、加齢と共に誰にでも起こりうるそう。
花王の調べでは、50代女性の38%、男性は32%が「尿漏れの経験がある」とのこと。
これって3人にひとりはそうだということで、うーん、他人事じゃない。
また、男性と女性とでは軽失禁の実態が微妙に違うようです。
男女のコンチネンスケアによる外出不安の払拭-1

女性は「咳やくしゃみをしたとき」「水仕事をしたとき」などですが、
男性は「トイレに行った後」が多い。
トイレに行ったはずなのに後で漏れる……??
原因は前立腺肥大による尿道の括約筋の低下など、とのことですが

男性と女性とではまったく違うタイミングで起こるんですね。
さらに、症状をお持ちの方の具体的な言葉にせまってみましょう。

 

男女のコンチネンスケアによる外出不安の払拭-2

男女のコンチネンスケアによる外出不安の払拭-3

 

「親しい人にも話せない」「誰にも知られたくない」
「介護の入り口に入ってしまったよう……」
うう、わかります、わかります! せつないですよね……。

 

 

花王の調査によると、男性の方がより「自分のこととして考えたくない」のだそうです。
女性は月経を経験しているから、更年期や膀胱炎などの話を友人とシェアしやすいけど、
男性はそういう習慣、ないですもんね。なんだかちょっとかわいそうです……。

 

さて、この現状を打開すべく、花王が尿漏れケアの様々な製品を提案してくれています!

そのひとつが『吸水セーフティ』。

今、『おでかけ女史組』で、おでかけコンシェルジュがレコメンドしてくれてますので、

見てみてくださいね。

具体的なご紹介は次回に。そしてふみっちーに、尿漏れのピンチが!?

シェア ツイート LINEで送る
第13回
コンチネンスケアについて、もっと知ってみませんか? ①

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top