「筋肉枯れ」度がわかる! 花王研究所の「歩行支援プログラム」

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

自分の「歩行年齢」がわかるという歩行測定。膝痛、腰痛、転倒、尿漏れ、筋力低下など、将来の生活機能のリスクも、予測できるそう。足腰に自信のないミーナ、ちょっと恐いですが、受けてみたいな。

 

「花王 パーソナルヘルスケア研究所」で歩行測定にトライ!

 

歩き方で、あなたの「筋肉枯れ」度がわかる!

 

 

歩き方から「歩行年齢」がわかると聞いて、体験したのが花王の研究所にある「歩行支援プログラム」。

 

筋肉枯れはまだまだしていないと自負する、40代半ばと40代後半の二人。果たして結果はいかに!?

 

 

 

 

 

体験してくれたのは

歩行支援プログラム体験者

原田暁子さん(右) (1970年生まれ・デザイナー)

佐々木かおりさん(左) (1968年生まれ・サービス業)

 

 

 

 

私の「歩行年齢」は何歳?
ドキドキの解析プログラム

 

 

乳幼児用の紙おむつの開発を通して、乳幼児の歩行と成長について、探究してきたという花王。その研究を利用し、近年では、高齢者の歩行機能低下に関する調査研究にも力を入れています。

 

今回二人が体験したのは、歩行の質と量を解析してくれる「歩行支援システム」。花王が独自に研究開発したプログラムです。花王が収集した1万人以上の歩行に関するデータベースをもとに、体験者の歩行状態を数値化・見える化し、自分がどんな歩き方をしているのかを客観的に把握してもらおうというもの。現在、このプログラムは、自治体、企業、高齢者施設などで活用されていて、今回は特別に体験させていただきました。
測定は、圧力センサーのついたシート上を、できるだけ普段通りに歩き、ビデオ撮影も行います。重要な要素の解析結果と、映像などから、今の歩行状態と今後の努力事項など、専門家のアドバイスがもらえます。

 

目で見てわかる測定要素は、①歩行速度、②ピッチ(足を繰り返し出す速さ)、③歩幅、④歩隔(左右の足の横幅)、⑤歩行角度(左右直線性)、⑥つま先角度(がに股か内股か)の6つ。

 

これで歩行の特徴を解析し、現在の「歩行年齢」が提示されます。歩行の特徴を細かく分析することによって見えてくるのが、膝痛、腰痛、転倒、尿漏れ、筋力低下など、将来の生活機能リスク。ちょっとドキドキですね。

 

 

 

「筋肉枯れ」度がわかる「歩行支援プログラム」

歩行支援プログラム

センサーのついたシートの上を、歩いて往復する二人

 

 

歩行支援プログラム解析結果チェック

同時に2台のビデオカメラで撮影も。測定後、自分の歩行の解析結果について、説明を受けます

 

 

 

 

歩行支援プログラム解析結果の図

全体像はこんな感じ。歩き方を測定するシステムは他社にもありますが、ここまで細かく解析できるのは、さすが花王!

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge

コメント

コメントを投稿する

コメントを投稿する

post date*

ニックネーム
コメント
To Top