筋力アップは、脳関係の不調改善にも効果が②「筋活」がもたらす好影響

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

筋肉は脳の命令を聞いているだけでなく、運動で筋肉が収縮するたびに、脳を刺激する物質を分泌して脳へ働きかけているそう。近頃、ちょっとオツカレ気味のミーナ、しっかり筋肉を動かして心身の安定に役立てなくちゃ。

 

 

今も将来も、美しく健康でいるために

私たちには「筋活」が必要です!

 

 

「要介護」や「寝たきり」なんて、まだまだ先のこと…。そう思っていませんか? 確かに、寝込むのは先のことかもしれません。でも、それを防止するためには40代、

50代での「筋活」が必須! 筋肉を鍛えることを習慣化することが、何より大切です

 

 

 

「筋肉を鍛える」ことは認知症、うつ予防にも効果が!

 

筋肉の働きは、ただ体を支えたり、動かすだけではありません。

認知症やうつといった、脳に関係する不調の改善にも効果があることが、最近の研究でわかってきました。

 

今回は、うつや不眠対策、ストレスの解消など、筋肉を鍛える「筋活」がもたらす好影響について、中高年の筋トレや健康について研究している久野譜也先生にお話をうかがいました。

 

 

久野譜也さん Shinya Kuno

MyAge_007_P030-01_Web用

profile

1962年生まれ。

筑波大学大学院人間総合科学研究科教授。

スポーツ医学の分野で、サルコペニア肥満、

中高年の筋トレ、健康政策などを研究。

2002年「つくばウエルネスリサーチ」を設立。

〝科学的根拠に基づく健康づくり〞を

基本理念に健康情報の発信を行う

 

 

"うつ"不眠"対策にも
「筋活」がひと役買う!

 

筋肉は、単に脳の命令を聞いているだけではなく、自ら脳へ働きかけています。その方法は、運動で筋肉が収縮するたびに、脳を刺激する物質を分泌するのです。

 

「その物質は、現在わかっているだけで約30種類もあり、マイオカイン(筋肉由来内分泌因子)と総称されています。特に注目されているのがBDNF(脳由来神経栄養因子)です。脳の肥料の役割を果たし、記憶力を高めるだけでなく、情動のコントロールや摂食行動との関係、うつ病やアルツハイマー病を防ぐ作用があることを示唆する研究もあります」

 

運動を行うと、心地よい疲れを感じるとともに感情が安定するので、睡眠と関係があるとする調査結果も。しっかり筋肉を動かしていると、心の安定にも役立つのです。

 

 

 

"ストレス"マネージメントには
「筋活」が一番!

 

上記のように、運動習慣は、心の健康にとてもいい影響を与えることがわかっています。なかでも多くのエビデンス(科学的根拠)に裏づけされているのは精神的ストレスに対して。運動をしたら心のモヤモヤが晴れて、気分がすっきりした! という経験をした人も多いはず。

 

「それは運動により、体内のストレスホルモンが減ったから。運動の前と後でストレスホルモンの血中濃度を調べると、運動後には大きく下がるというデータも。また、運動により普段と違う視野を持つことで、悩みが吹っ切れることもあるでしょう」

 

ストレスはこまめに解消することが大切。運動を習慣化することで、脳も体も若返らせながら、日頃のストレスを上手にコントロールしていきましょう。

 

 

ブルータンクトップ¥9,000・ショートパンツ¥8,000・レギンス¥6,000/スリア銀座店 スニーカー¥8,300/ニューバランス ジャパンお客様相談室

ブルータンクトップ¥9,000・ショートパンツ¥8,000・レギンス¥6,000/スリア銀座店 スニーカー¥8,300/ニューバランス ジャパンお客様相談室

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top