OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/exercise-stretch/254251/

やせているのに、お腹だけ出ているのはなぜ?<50代・朝子さんのぽっこり原因を探る!>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ①

「なんとかしてお腹をへこませたーい!」と叫ぶ、カルチャースクール講師の南雲朝子さん。「ぽっこりお腹凹ませ<実践編>」を監修してくれた筋膜調整サロン「トリガー」の理学療法士・中村雄一さんと半田 瞳さん、管理栄養士の麻生れいみさんがサポートするなか、2カ月の挑戦が始まりました。

 

挑戦した方は

南雲朝子さん カルチャースクール講師

南雲朝子さん
Asako Nagumo

1970年生まれ。カルチャースクール講師
身長 157㎝ 体重 48.5㎏ 体脂肪率 23%
カラーセラピーやアロマセラピーの講師を務めるほか、いくつかのパートもこなす多忙な日々

 

サポートしていただいたのは

中村雄一さん 理学療法士

中村雄一さん
Yuichi Nakamura

理学療法士。筋膜マニピュレーション認定スペシャリスト。動きの癖や姿勢から痛みを解消する専門家でもあり、便秘、冷え、生理痛など自律神経系の不調ケアも得意

 

半田 瞳さん 理学療法士

半田 瞳さん
Hitomi Handa

理学療法士。筋膜マニピュレーション認定スペシャリスト。骨盤底筋と尿失禁の研究を専門に行い、多くの論文を発表。独自に開発した骨盤底筋体操の有効性も科学的に証明

 

麻生れいみさん 管理栄養士

麻生れいみさん
Reimi Aso

1964年生まれ。管理栄養士、料理研究家。2021年春から東京医療保健大学大学院在籍。全国アスリート臨床栄養協会理事、日本健康食栄協会代表

 

ホームページはコチラから

 

50歳を過ぎてお腹に異変! 2カ月でお腹はどうなる?

1年ほど前から急にお腹が目立つようになったと訴えるのは、体重や体脂肪率の数値も問題なく、お腹以外はとてもスリムな南雲朝子さん。

 

「すいかでも入ってるの? と息子たちにも笑われるほど。やせたいわけじゃなく、すっきりお腹に戻りたいだけなんです」と切実です。

 

おまかせあれ、単純なダイエットではないのが今回のポイント。カラダ改造はもちろん、食生活も見直して、内側からも整えるのがOurAge流です。

 

 

やせているのになぜお腹だけ出ているの

南雲朝子さんの自己診断

南雲朝子さんの自己診断

「昔から食事のあとにぽこっとお腹が出るほうでしたが、最近は出たまま、へこまない。運動の習慣がなく、腹筋が弱いことが原因かなと思います」と南雲朝子さん。

 

胃下垂と言われたこともあり、便秘ぎみでたまに便秘薬のお世話になってしまうそう。

 

「内臓の問題もあるのだろうなと想像しています」

 

中村雄一さん・半田 瞳さんの診断

南雲朝子さんの立ち姿勢や動作を見るなり「お腹が出てしまうのは、姿勢の問題がいちばん大きそうですね」と推測する二人。

 

「骨盤が前傾して反り腰になっているので、必然的にお腹を支えられないという“あるある”な原因だと思います。筋膜を整えて姿勢が変われば、きっとお腹はすっきりすると思いますよ」

 

麻生れいみさんの診断

「普段の食事を拝見すると、完全に低栄養。基本的な栄養がとれていないのに糖質過多なので、内臓脂肪がたまらないはずがない。

 

おへそのまわりだけぽっこり出ているのはそのためでしょう。食べる量が少なく食物繊維不足なので便秘も当然で、これもおおいに関係ありますね」。

 

麻生れいみさんの豊富な経験からこんな診断に。改善すべきところがあるということは、効果も期待大!

 

 

さらに詳しく原因サーチ!

中村雄一さん、半田 瞳さんが真っ先に指摘したのが南雲朝子さんの姿勢。そのほか、筋膜の滑り、骨盤底筋が使えているかどうか、呼吸の仕方などからさらなる原因を探り、課題をクリアにしていきました。

 

立ち姿勢を整えるとわずか5分でこの変化!

立ち姿勢を整えるとわずか5分でこの変化!

どうしてもお腹を前に突き出してしまうような反り腰の姿勢。筋膜リリースのポイントを教わり、「ぽっこりお腹」凹ませ<実践編⑩>の要領で立ち姿勢の意識を変えると、まわりが驚くほど、シルエットが変わりました!

 

骨盤底筋は使えている?

骨盤底筋のチェック

骨盤底筋の専門家、半田 瞳さんが骨盤底筋のチェック。ポータブルの超音波(エコー)を使って、正しく使えているかどうかをまず確認。

 

骨盤底筋は使えている?

自分ではできていると思っていた南雲朝子さんですが、実際には骨盤底筋を収縮させる感覚が間違っていることが発覚。これから毎日、練習あるのみです!

 

筋膜ケアを習慣に

筋膜ケアを習慣に

筋膜が硬くなりがちな部分のほぐし方を教わります。癒着がある部分は「イタタタタ〜!」となりながらも頑張ってリリース。筋膜の滑りがいいと呼吸がしやすく、骨盤底筋が正しく使えること、立ち姿勢を改善するのもラクなことを実感。

 

筋膜のほぐし方は「ぽっこりお腹」凹ませ<実践編①>「ぽっこりお腹」凹ませ<実践編②>で詳しく紹介しています。

 

再認識! 姿勢と呼吸

再認識! 姿勢と呼吸

何をするにも、アウターマッスルを先に使ってしまいがちな南雲朝子さん。呼吸とともにインナーマッスルを使って動くエクササイズも必須と判断。サボっている筋肉もけっこうありそう!

 

次回は、朝子さんの実践内容をレポートします。

 

撮影/藤澤由加 構成・原文/蓮見則子

 

 

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第17回/つまんでほぐして代謝させる「脂肪ほぐし」のやり方/「ぽっこりお腹」凹ませ<実践編⑪>…

次の記事>

次の記事>
第19回/筋膜リリース、姿勢改善、糖質過多対策でぽっこりお腹を解消!<50代・朝子さんの実践具体例>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ②…

この連載の最新記事

筋膜メソッドと食改善で体脂肪6%減、へそまわりは14cmも減!<50代・A子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑦

第24回/筋膜メソッドと食改善で体脂肪6%減、へそまわりは14cmも減!<50代・A子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑦

腹横筋と食生活改善でへそまわりが-10cmに!<60代・Y子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑥

第23回/腹横筋と食生活改善でへそまわりが-10cmに!<60代・Y子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑥

呼吸筋が使えるときれいにやせる、まさにお手本!<40代・O子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑤

第22回/呼吸筋が使えるときれいにやせる、まさにお手本!<40代・O子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑤

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル