京都「浜作」「安藤」「天ぷら 松」…美食と再会とイベント。いやはや濃い一泊二日の旅でした!


朝倉さん 友人たち

少し遅れて安珠も東京から到着し、皆で一杯〜〜

 
私が京都を訪れたのは本当に久しぶりでした。

驚いたのは日本最高の観光都市京都の国際化です。溢れんばかりの観光客(特に中国からの)に京都の風情は変わってしまったと嘆く声は聞いていましたが、駅のタクシー乗り場にいくとほとんどのタクシーの表記は英語、「English OK」と書かれているものもありました。

 

訪れた2週間前には全世界のルイ・ヴィトングループが京都に集まるというビッグイベントがあり、京都中がルイヴィトン色に染まったそうです。そういえば名車ブガッティ49台が一堂に会するというブガッティ インターナショナル ミーティングも一昨年東京ではなく京都で開かれました。今世界の一流は東京ではなく京都に集まるのですね。

 

前回お話ししたように今回の旅行の目的はお孝さま(元々は芸妓をされておられ、1960年代には「11PM」のレギュラーを、その後祇園で会員制の超高級クラブを作り、今は知る人ぞ知る京都の顔です)にお会いして、友人写真家の安珠の対談をきくこと。

 

まずはお孝さまが自ら予約してくださった名割烹料理店「浜作」(約90年前京都で初めて板前割烹を開いた)で安珠も参加して夕食です。そのお味はもちろんのこと、献立の品の良さ、魯山人を始めとする器の洗練度は流石、本当に極上のお料理です。例えば浜作では松茸ご飯以外は常に最後は白飯だそうです。「最後はさらりと〆るべし」という創業から流れる哲学です。

朝倉さん 川端康成氏の書

川端康成氏の書

 

朝倉さん 蓴菜

この時期2週間しか採れない生の蓴菜。ベネチアングラス、下はデンマーク王室 からプレゼントされたロイヤルコペンハーゲン

 

デザートは2階の特設バーで頂きました。しっとりとした雰囲気の中にチャップリン、マリアカラス、エリザベステーラー、グレスケリーなど世界の大スター、芸術家、政財界の方のサインや作品で溢れていて、さながら美術館のようでした。

朝倉さん サイン

デンマーク王女さまのサイン

 

そして店の前に車が・・・いよいよ女3人で、一見さんお断りの祇園の高級クラブ「安藤」に繰り出します。

 

 

 

お孝さまとの再会、安珠さんの対談の様子は次のページで。

シェア ツイート LINEで送る
第76回
京都「浜作」「安藤」「天ぷら 松」…美食と再会とイベント。いやはや濃い一泊二日の旅でした!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top