「あなたのからだのことはあなたが決めていい」

プロフィール写真

1968年生まれ。日本語教師を経て、ノンフィクション作家に。2012年『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』(集英社)で第10回集英社・開高健ノンフィクション賞を受賞。他に『駆け込み寺の男 ―玄秀盛―』(ハヤカワ文庫)、『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』(早川書房)など

PHOTO©Hayakawa Publishing Corporation

さて、前回の記事で「子宮も取ってしまいましょう」という医師にまで行きついた。ここで改めて3人の医師の意見を並べてみよう。

 

 

1.卵巣も子宮も取らずに、悪いところだけ取りましょう
2.卵巣をふたつ取って子宮を残しましょう
3.卵巣ひとつと子宮を取りましょう

 

 

選択肢が多いのは、病院にすら通えない人々が世界にたくさんいることを考えれば、幸せなことなのはわかっている。でも、選ぶことができたって、順々に1から3まで臓器を出し入れして試してみるわけにもいかないので悩んでしまう。

 

 

いっそ、ひとつしか解決方法がない方がよかったのではと思ってしまう。もし、三択のうちひとつを選んで失敗したら、「あの時、1を選択しておけば」などと後悔せずにはいられない。

 

 

考えてみると悩みなんて、みんなこんな調子だ。独身か結婚か、子どもを持つか、持たないか。過ごしたことのない仮想現実なんて、いくら想像したところで幸せかどうかなんてわからない。それなのに、「あの日、結婚せずにキャリアを取っておけば今頃~」などと、妄想が膨らんでしまう。たぶんそうやって比べること自体が不幸の種なのだ。

 

佐々さん_photo

 

しかも、たちの悪いことに、日本社会というのは個人の選択を尊重できないところがある。臓器を取ったら、「それは自然の摂理に反する」とか、切らなかったら、「ちゃっちゃと切ってしまえばすっきりする」という親切な「他人」の声が気になってしかたがない。

 

 

学校へ行けば教師の言うことを聞くのが当たり前、AI導入だといえば、AIを黙って受け入れ、へんな法案が通ったってしかたないとため息をつき、満員電車に行儀よく乗り、医師に「臓器を取りましょう」といえば、「はいはい」と取る。いったい私は誰のために、誰の人生を歩いているのかわからなくなる。

 

 

 

私は、……どうしたい?

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top