OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/consultation/235248/

すぐ「私なんて…」と言い出す先輩、どうしたら?

地曳いく子

地曳いく子

non-no、MORE、Oggi、eclatなど雑誌を始めとし、タレントの衣装も担当。イタくない大人のスタイリングを得意とし、テレビ、トークショーなどで活躍、キャリア30年のスタイリスト。大人のおしゃれを考え直す「50歳、おしゃれ元年。」(集英社)をはじめ、「服を買うなら、捨てなさい」(宝島社)、「ババア上等! 余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo!&Don’t 」(集英社)など著書多数

記事一覧を見る

<お悩みその17>

職場のちょっと年上の方の「私なんて…」の発言に辟易(へきえき)。若い子が楽しい話したり、褒められたりしたあと必ず「私なんか…」って始まるので話が終わっちゃう。年齢はしかたないけど、卑下するのはどうなのかなあ。切り返しはどうしましょう。ちなみに、美人さんです!(52歳・パート・宮城県)

 

<お答え>

この年上の方って、きっと私ぐらいの年だと思うんですよ。私も本当にそうですけど、はっきり言ってね、還暦ぐらいになると若い人がうらやましいですよ、呪い殺したいくらいです(笑)

 

もうね、「鏡よ鏡」の、白雪姫のお母さんの気持ちですよ。鏡に「いちばん美しいのは白雪姫です」って毎朝言われちゃってるようなもんなんです、あなたの先輩は。かわいそうな白雪姫のお母さんだと思ってください。

 

ただ、卑下するのはちょっとね。もうその人はそういう性格だから、「私なんか」って言いだしたら、「そうなんですか? でも●●さん若いときは楽しかったんでしょう?」と、打たれた”卑下ボール”を顔面にボレーで返してください。バウンドさせない。本当は『若見えの呪い』(※編集部注:地曳さんの近著。好評発売中です!)を渡すのが一番の処方箋なんだけど(笑)、先輩にそれはできないですもんね。

 

私もね、若い頃は母に「いく子は何着ても似合っていいわよね」って言われましたけど、そりゃ若いから何着ても似合うんですよ。若い時にはわからないけれど。それがやっぱり、年を取るとそうはいかなくなる。そういうものなんです。

 

でもこの先輩はなまじ美人だったから、若い頃に得た栄光と今、その落差に耐えられないんだと思うの。美人ほど、老いていく自分に耐えられない

 

人生、プラスマイナスゼロだと思うんですよ。彼女はたぶん若いときにいい思いをしてた分、今がよけいつらいんでしょう。昔はチヤホヤされてたのに、若い白雪姫たちがいっぱい出てきちゃったから、魔力が効かなくなった。知らないうちに自分が白雪姫から魔女になってしまった。もうこうなったら毒リンゴ食らわすしかない(笑)。

 

毎朝、鏡見て嘆いてるのよ。あ〜、こんなところにまた白髪が増えた…って。で、会社に行くと、とりたててかわいくもない子がきゃぴきゃぴしてる。あ~美人でもないくせに、若いってずるい、って思ってるんです。

 

彼女は彼女でつらいんですよ。美人はつらいよ、と思って、なま暖かく見守ってあげてくださいね。

 

 

 

イラスト/松元まり子

・・・・・・・・・・・

 

「ババア上等!悩み相談」では、あなたのお悩みを募集中!

 

【お悩み投稿のルール】

①宛先:toko@shueisha.co.jp  ←こちらまで!

②メールタイトル:【いく子さんの悩み相談】※違うタイトルでお送りいただくと、受付できないことがありますのでご注意ください。

③必要事項:年齢・ペンネームのみ(本名は書かないでください)

④文字数の目安:200字程度【注意事項】以下の内容をお読みの上、ご了承いただいた上で投稿をお願いいたします。

 

・投稿いただいた内容は、OurAgeの企画および、集英社の雑誌・書籍等(web・SNSを含む)にて掲載、キュレーションメディア等に転載する場合があります。

・掲載する際には、ペンネームおよび内容を一部改編する場合があります。

・投稿の採用結果につきましては、お知らせいたしません。

・投稿内容等の確認のため、編集部よりご連絡する場合があります。

・投稿いただいた方のメールアドレス・ペンネームは本企画遂行の目的以外には使用いたしません。

 

投稿お待ちしています!

 

・・・・information・・・・

 

●11月26日発売『日々是混乱 これが私のニューノーマル』(集英社)

 

 

ホーム社の文芸サイト「HB」で地曳さんが連載した1年半のエッセイが一冊に。

 

「BBA(ババア)であっても新しい自分に出会うことをこれからの喜びにしたい」と、コロナ禍の中、時に悩みながらもポジティブ思考で綴ったエッセイにきっとあなたも勇気づけられるはず。地曳さんの暮らしが見えてくる、愛用のアイテムやお気に入りスポットなどの写真も満載です!

 

<前の記事

<前の記事
第16回/家事を何もしない夫にムカつきます。自分の時間が欲しい!…

次の記事>

次の記事>
第18回/最近、ドキドキワクワクすることが見つかりません。…

この連載の最新記事

最近、ドキドキワクワクすることが見つかりません。

第18回/最近、ドキドキワクワクすることが見つかりません。

すぐ「私なんて…」と言い出す先輩、どうしたら?

第17回/すぐ「私なんて…」と言い出す先輩、どうしたら?

家事を何もしない夫にムカつきます。自分の時間が欲しい!

第16回/家事を何もしない夫にムカつきます。自分の時間が欲しい!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル