HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/consultation/269029/

まだまだ安心できない日々。地曵さんは、最近はどのように過ごされていますか?

地曳いく子

地曳いく子

non-no、MORE、Oggi、eclatなど雑誌を始めとし、タレントの衣装も担当。イタくない大人のスタイリングを得意とし、テレビ、トークショーなどで活躍、キャリア30年のスタイリスト。大人のおしゃれを考え直す「50歳、おしゃれ元年。」(集英社)をはじめ、「服を買うなら、捨てなさい」(宝島社)、「ババア上等! 余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo!&Don’t 」(集英社)など著書多数

記事一覧を見る

<お悩み その28>

まだまだ安心できない日々が続きますが、コロナ禍をどのように過ごされていますか?(55歳・会社員・東京都)

 

<お答え>

 

東京では2021年10月に緊急事態宣言が解除されました。だけど、新たな変異株も心配だし、私はまだ慎重派でなるべく不要不急な外出は避けて、お食事会に行ったとしても2、3人内で個室利用にして密にならないようにしています。だけど、ずっと家に閉じこもっていたらコロナ太りがやばいことに…。ついに検診でも引っかかるようになったので、最近は家の周りを歩いて運動不足を解消しています。

『ピクミン ブルーム』(編集注:歩いてピクミンを育てるスマホアプリ)を使い出したらハマっちゃって、これまで1日3、4000歩だったのが今では毎日1万歩以上を歩いています。
ピクミンたちと一緒に川沿いを歩くと清々しい気持ちになります。

 

 

実は、宣言明け早々に始めたお仕事で張り切りすぎちゃって坐骨神経痛になってしまいました。今まで週1でヨガをやったり、ライブで騒ぐのがいい運動になっていたけど(笑)、この2年間それが出来なくて身体が硬くなっていたんだと思います。だから毎日ストレッチをしてフォームローラーやネックポールを使って全身を念入りにほぐすようにしています。

 

あとは、今まで以上に美容オタクになりました。特に手フェチに! ただでさえ年齢的に油分が持っていかれてるのに、アルコール消毒のしすぎで荒れまくり。だからこそ日々のケアはハンドクリームのほかにネイルオイルも欠かせません。「uka」がお気に入りブランドです。

 

 

マスクで針跡を隠せることをいいことに、思い切って顔と首にプラセンタも打っちゃいました!(しかも3回も。笑)シワがなくなってツルツルになった姿を鏡で見ると気持ちもアガるので本当にやってよかったです。

 

こうやって自分の心や身体と向き合うに2年間だったとともに、自分の家と向き合う2年間でもありました。

 

お掃除をすると、職業柄やっぱり服はたくさんあるし、化粧品や洗剤のレフィルとかもわんさか出てくるんですよ。「あら、うちってデパートかしら?」って思うくらい(笑)。この間も失くしたと思ってたiPad miniが本と本の間から出てきました。この子はあまりにも放置しすぎたせいで、もうアップデートできなくなっていてお役御免に…。

 

今まで探すのが面倒だからという理由で買ったり、夜中に勢いでポチったり、なんでも雑に買っていたんですね。何も考えずにお金を使っていた。

 

コロナ前は何ヶ月も先までお仕事の予定で埋まっていたけれど、今は「来週の撮影、いけますか?」みたいな、急なお仕事ばかり。いつまた自粛になるか分からない状況の中、仕方ないと言えば仕方ないのですが、フリーランスの私にとっては、来月はお仕事あるかしら? と不安になることも。
そんな状況が続いて、62歳にしてお金の使い方について猛省した私。今は通販にしても買い物カゴに一旦入れて、翌朝まで置いてそれでも欲しいと思うものだけを購入するなど、考えてお金を使うようにしています。友達からは「還暦過ぎて遅いよ〜」と言われていますが(笑)。

 

前だったら、普通に努力して全力で頑張っていれば、物事はある程度うまくいって心配はいりませんでしたよね。ガンガン働いて、海外旅行とかお買い物でお金をガンガン使っても「私、マネーフローしてるぜ!」って楽観的に思えてた。だけど、コロナの登場によって「頑張ってもどうにもならないことがある」ということを思い知ったし、旅行や大人数での外食もしないほうがいいことになって価値観や考え方を強制的に変えられました。

 

最初はまるで暗闇の中を突き進んでる感じで悲観的に捉えていたけど、「目の前、先の事が見えないなら足元のことだけをやればいいや」って思うようになって、今は美容に時間をかけたり、家の掃除をしたりしながら、自分を見つめ直す日々を過ごしています。

 

来年、コロナは終息に向かうか、また新しい対処の仕方が出てきて、確実に次の段階が始まっています。ベクトルが変わったとき、対応できるフレキシブルな自分でいるために、今は身の回りを整理して本当に大切な物事を見極める時期なんだと思います。12月は家の大掃除とともに心の大掃除も!

 

早いもので2021年も、あとわずかになりました。Our Age読者のみなさん、今年も本連載を読み続けていただき、ありがとうございました。

 

来年もよろしくお願いします! 皆様良いお年を迎えください。


 

「ババア上等!悩み相談」では、あなたのお悩みを募集中!

 

【お悩み投稿のルール】

①宛先:toko@shueisha.co.jp  ←こちらまで!

②メールタイトル:【いく子さんの悩み相談】※違うタイトルでお送りいただくと、受付できないことがありますのでご注意ください。

③必要事項:年齢・ペンネームのみ(本名は書かないでください)

④文字数の目安:200字程度【注意事項】以下の内容をお読みの上、ご了承いただいた上で投稿をお願いいたします。

 

・投稿いただいた内容は、OurAgeの企画および、集英社の雑誌・書籍等(web・SNSを含む)にて掲載、キュレーションメディア等に転載する場合があります。

・掲載する際には、ペンネームおよび内容を一部改編する場合があります。

・投稿の採用結果につきましては、お知らせいたしません。

・投稿内容等の確認のため、編集部よりご連絡する場合があります。

・投稿いただいた方のメールアドレス・ペンネームは本企画遂行の目的以外には使用いたしません。

 

投稿お待ちしています!

 

・・・・information・・・・

 

●2021年8月26日発売『ババアに足りないのは愛! +60からのHappyおしゃれBOOK』(集英社)

 

 

地曳いく子さん×漫画家・槇村さとるさんの人気シリーズ第3弾がついに発売!

2人が次に目指すのは、愛にあふれたHappyなおしゃれ! +60から着たいブランドや、この世代ならではの秘密の痩せテクを紹介。

 

●2021年9月17日発売『ババアはツラいよ! 55歳からの「人生エベレスト期」サバイバルBOOK』(集英社文庫)

 

 

シリーズ第2弾を文庫化! 何を着てもビミョー。身体はガタガタ。心は不安定。そんな「55歳問題」をスカッと解決! 文庫版オリジナルコンテンツも豊富です。

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第27回/昔から華やかな生活を送っています。私はお気楽のままでいいのでしょうか?…

次の記事>

次の記事>
第29回/年上の親しい人が次々と亡くなり、寂しさが身に染みてきます【読者のお悩み】…

この連載の最新記事

ホットフラッシュの症状を感じさせないファッションとは?【50代読者のお悩み】

第36回/ホットフラッシュの症状を感じさせないファッションとは?【50代読者のお悩み】

「自分が死んだら散骨して」という母。だけど、正直抵抗が…【40代読者のお悩み】

第35回/「自分が死んだら散骨して」という母。だけど、正直抵抗が…【40代読者のお悩み】

50代女性フリーランス「仕事の辞め時がわかりません!」【50代読者のお悩み】

第34回/50代女性フリーランス「仕事の辞め時がわかりません!」【50代読者のお悩み】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル