イライラを鎮めるツボ「巨闕(コケツ)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

 

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第4章 これで安心して仕事ができる

第4章では、仕事や職場の様々な場面に応用できるツボを紹介します。

 

 

【アフターファイブのセルフケア】

 

 

イライラした精神状態は、健康にも大きく影響を与えることも少なくありません。

 

今回は、そんな「イライラ」を鎮めて落ち着かせるツボをご紹介します。

 

 

 

 

ご近所づきあいのトラブルや会社の人間関係の確執で悩んだりするのをはじめ、幼児虐待や監禁など悲惨な事件や戦争やテロなどに胸を痛めることも最近は頻繁にあります。

 

実は、それも「イライラ」を呼び込んでいるのです。もちろん健康にも影響しないわけはありません。そんなときには、イライラを鎮めるツボがあることを思い出して押してみてください。

 

みぞおちのすぐ下にある 「 巨闕(コ ケツ)」です。大きく息を吸って両手の中指で「巨闕」を押さえながらゆっくり吐きましょう。落ち着くまで続けるといいでしょう。

 

 

 

 

ゆっくりと息を吐きながら続ければだんだんと落ち着いてきます!

090-01M_Web用

「巨闕(コケツ)」

 

「巨闕」は、みぞおちのすぐ下にあるツボです。

 

大きく息を吸って、両手の中指を重ねて巨闕を押さえながら、ゆっくり息を吐き出します。心が落ち着くまで続けてください。

 

【もっとイイネ!】

ふか〜く息を吸って、ゆっくり吐くという呼吸法を試してみてください。呼吸法は東洋医学のひとつの療法でもあります。神経からくるイライラを鎮めてくれて、気分が落ち着いてきます。

 

 

 

 

 

次回は、「自律神経」を整えてリラックスさせるツボをご紹介します。

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第73回
イライラを鎮めるツボ「巨闕(コケツ)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top