たるんだ二の腕をきりっと見せるツボ「極泉(キョクセン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

 

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

 

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第5章 「見た目」アップで仕事も恋愛も成功させる

第5章では、美容にきくツボをご紹介。

 

 

 

 

ウエストやヒップとともに、そのたるみが気になるのが二の腕です。

 

今回は、「たるんだ二の腕」をきりっと引き締める効果のあるツボをご紹介します。

 

 

 

 

ただ細いだけでは、決して理想の二の腕とは言えず、やはり引き締まっていることが大切です。二の腕の筋肉である上腕三頭筋と上腕二頭筋を鍛えれば、ぷるんぷるんにたるんだ二の腕も引き締めることができます。

 

ただしツボ押しだけでは無理で、お腹やせが腹筋とツボを併用するように、たるんでしまった二の腕の場合も、筋肉を鍛える運動とツボとを併用しましょう。運動のほうは、腕立て伏せが効果的。腕の筋肉ばかりでなく、胸筋も鍛え、女性ならバストアップも期待できます。

 

ツボは「極泉(キョクセン)」。脇の下の中央で左右にあります。

 

反対側の親指で5秒くらい押してから、腕を全体的に手でしっかり包むように揉みながら徐々に小指に向かっていき、最後は小指をつまみます。その手順で右腕、左腕、それぞれ3回ほど繰り返します。血液循環を良くする経絡を刺激することにもなり、脂肪を燃焼してくれます。

 

 

 

 

脂肪を燃焼させ、たるんだ二の腕が引き締まります!

113-01M_Web用

「極泉(キョクセン)」

 

「極泉」は、脇の下の中央で左右にあります。

 

手を上げて、その手と反対側の親指で強くなりすぎない程度に5秒くらい押しましょう。その腕を下げ、反対側の手で上からなでおろすようにつかんでいって、腕全体を揉みながら徐々に小指に向かっていき、最後は小指をつまんであげましょう!

その手順で右腕、左腕、それぞれ3回ほど繰り返します。

 

 

 

 

 

次回は、「美しいバストライン」を取り戻す効果のあるツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第95回
たるんだ二の腕をきりっと見せるツボ「極泉(キョクセン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top