捻挫や突き指の痛みを軽減するツボ「丘墟(キュウキョ)」「商丘(ショウキュウ)」など/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

 

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

 

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第7章 スポーツの自己ベストをあげる

最終第7章 では、スポーツのレベルアップに効くツボをご紹介します。

 

 

 

 

スポーツをしたときに手足の関節を痛めてしまうと、その部分が炎症をおこして痛みが続くこともあります。

 

今回は、そんな「捻挫」や「突き指」などの痛みを軽減するツボをご紹介します。

 

 

 

 

突き指は、手や足の関節などがなんらかの原因で損傷をおこしておきるものです。患部がズキズキ痛み出し、内出血ではれて炎症をおこしみるみる赤くはれてきたりすることもあります。処置は RICE処置が一番です。RICEというのは、4つの処置のそれぞれの頭文字をとってそう表現します。

 

まず「R」は「REST」。まずは安静にすることを意味します。次の「I」は「ICING」といって患部を冷やす処置。湿布ではなく氷を砕いたもので冷やすのがベストです。3つめの「C」は「COMPRESSION」。患部を圧迫することです。最後が「ELEVATION」の「E」。患部を心臓より上にあげることです。指だったら腕を上げたり足なら横になり枕で高さを作ります。この処置に加えてツボ押しで痛みの軽減を図りましょう。

 

痛みにきくツボは「丘墟(キュウキョ)」と「商丘(ショウキュウ)」と「支正(シ セイ)」と「腕骨(ワンコツ)」です。

 

 

 

 

 

痛めた部分のアイシング後にツボ押しをすると痛みが軽減します!

 

125-05_Web用

 

125-01_Web用

125-02_Web用

125-03_Web用

125-04_Web用

「丘墟(キュウキョ)」「商丘(ショウキュウ)」「支正(シセイ)」「腕骨 (ワンコツ)」

 

「丘墟」は、外くるぶし下方のくぼみにあり、「商丘」は内くるぶし下方のくぼみにあります。手の場合は、手の甲側にあり手首関節の小指側から指7本分上にある「支正」と小指から側面に沿っていくと最初にあたる骨のくぼみにある「腕骨」がききます。

 

ツボはアイシングしたあと揉まないでじっと押し続けてみてください。

 

 

 

 

 

次回は、「ゴルフの飛距離をのばしたい」人におすすめのツボをご紹介します。

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第105回
捻挫や突き指の痛みを軽減するツボ「丘墟(キュウキョ)」「商丘(ショウキュウ)」など/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top