OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/174411/

“しっかり磨いてるつもり”の美容ジャーナリストが陥った「お口ケア」の落とし穴とは?

40代以降、お口のトラブルが増えてくるといいます。美容ジャーナリストの安倍佐和子さんもお悩みを感じはじめたひとり。オーラルケアのスペシャリストであり、花王パーソナルヘルスケア研究所室長の矢納義高さんに、お口に関する疑問をいろいろと伺ってみました。


安倍佐和子(あべさわこ)/美容ジャーナリスト
化粧品会社、出版社勤務を経て独立。女性誌・美容誌での編集・執筆のほか、マーケティング、トークイベントなどでも活躍。著書に『人と比べない美人力の磨き方 美容エディター安倍佐和子のmy BEAUTY rules』(講談社)などがある

 

矢納義高(やのうよしたか)/花王パーソナルヘルスケア研究所室長 歯学博士
入社以来、オーラルケア商品開発研究一筋で、口臭に関する研究をライフワークとする。「物がものを言うモノ作り」を信条に、温熱ハミガキ(チェック)、高濃度エリスリトールハミガキ(ピュオーラ)など使ってわかるユニークな商品を開発

 

「唾液量」がお口のコンディションに影響する!?

安倍
口もとのケアは日頃から意識していて、ホワイトニングに定期的に通ったりはしているのですが、最近、朝起きたときに口の中が乾いている気がして不快なことがあります。

 

矢納
実は、睡眠中は唾液がほとんど出ていないんですよ。唾液は口内を清浄に保つ役割があるので、分泌量が減ると口の中は菌が増えやすい環境になるんです。菌はネバつきや口臭、歯周病などの原因になるのですが、そもそも口の中に菌がいるということをご存じない方も多いようですね。

安倍
恐ろしいですね……。

 

矢納
さらに、唾液の量自体が加齢やストレスなどの影響で減っていくんです。

 

安倍
確かに、唾液が減っている実感、あります。

 

矢納
唾液が減ると口内細菌が増えやすくなりますが、この菌が老廃物を出すこともわかっています。菌が出す老廃物はネバつきや口臭の原因になるほか、歯ぐきの細胞を破壊して炎症を引き起こしたりします。唾液が減ってきたら注意が必要ですね。

 

歯間にモノがはさまる、歯ぐきの色が変わる、は歯周病のサイン⁉

安倍
他にも、40歳を過ぎたあたりから歯の間にモノが詰まるようになったのも気になっています。

 

矢納
原因のひとつとして、歯ぐきの下がりが考えられます。一般的に、歯ぐき下がりは歯周病や強い力で歯を磨くことで起こります。

安倍
そうなんですね。たしかに歯を磨くときは、強い力でゴシゴシやっていたかもしれません。ハブラシも“かため”が好きなんです。歯ぐきの色が変わってきたのも気になります。

 

矢納
歯ぐきの中には血管がたくさん通っていて、血液の流れが悪くなると歯ぐきの色が白っぽくなってきます。赤茶けて見えるのは炎症がおきているサインの一つです。歯ぐきに老廃物が溜まってくると、歯周病などの歯ぐきの炎症が起こるので、歯ぐきの色は赤茶けてくるのです。

安倍
やはり歯周病の人って、多いのでしょうか。

 

矢納
統計上は増えています。50代の約8割が歯周病にり患していますし、その割合は10年前と比べて上昇しているんです。(平成28年歯科疾患実態調査より)
50代以降は、この先の長い人生も考え、歯周病に気を付けたケアをしたほうがいいですね。

 

どんなお口のケアをしたらいいの?

安倍
大人のお口ケアとして、具体的には、どのような対策がありますか?

 

矢納
まずはよく噛む習慣を身につけて欲しいです。よく噛むことは、口の中の自浄性を高め、清潔に保つ基礎となります。唾液を出すことにもなります。。唾液を出すには唾液腺マッサージも有効です。唾液が出る部分(耳下腺、顎下腺、舌下腺)をマッサージすると、唾液がでてくるのが実感できると思います。夜寝る前や仕事の合間など、いつでもしていただいて結構です。

もうひとつ、歯を磨くときに力を入れ過ぎないこと。力を入れ過ぎると知らず知らずのうちに歯ぐきにダメージを与えてしまう可能性もあります。

安倍
歯の表面をつるんとさせたくて、つい力をいれて磨いているかもしれません。

 

矢納
しっかり歯を磨くことは重要ですが、力の目安は約200gです。ハブラシを持って、キッチンスケールなどで200gがどれくらいの圧か押して量ってみてください。意外と軽いことがわかりますよ。歯ブラシも、“ふつう”か“やわらかめ”をおすすめします。

 

安倍
200gですね、やってみます。

矢納
そして一番大事なことは、口の中の菌が出す“老廃物”を浄化することです。

 

お口の老廃物を浄化しなければ!

安倍
“菌が出す老廃物”とは何ですか?

矢納
先ほどお話ししたように、お口の中にはいろんな種類の菌がいるのですが、その菌が老廃物を出すことがわかっています。私たちが着目しているのは、ネバつきや口臭などの原因にもなる「プロテアーゼ」という菌の出す老廃物。唾液量が減ることで、プロテアーゼが口の中で増えやすい状態になるので浄化するなどの対策が必要です。

安倍
人は口から老いていくといいますよね。お口からのサイン、見逃せませんね。今日から対策を始めようと思います。

 

今日から早速使いたい、おすすめのハミガキはこちら


歯周病などの原因菌だけでなく、菌が出す老廃物を含む汚れまで浄化。歯ぐきの腫れや出血、ネバつき、口臭などの症状を伴う歯周病を予防する、大人のお口のためのハミガキです。モイストクリアミントとホワイトハーバルミントの爽やかな香味。低発泡ペーストなのでじっくりやさしく磨けます。

薬用ピュオーラ GRAN マルチケア【医薬部外品】モイストクリアミントの香味100g
薬用ビュオーラ GRAN ホワイトニング【医薬部外品】ホワイトハーバルミントの香味95g

 

大人のお口に潜みやすい菌の老廃物(*1)(プロテアーゼ)に着目した、大人のお口のためのハミガキです。
●「菌のかたまり」を分散しやすくするだけでなく、菌の老廃物を含む汚れまで洗浄しやすくし口中を浄化。
●様々な症状(*2)を伴う歯周病を防ぐ
*1 菌の分泌物であり、お口の中で老廃物として広がり、ネバつきや口臭などの原因になることもある
*2 ハグキのハレ・出血/ネバつき/口臭

 

●薬用成分とW浄化成分配合
・薬用成分
【抗炎症成分】GK2(グリチルリチン酸ジカリウム)配合。ハグキの炎症を抑えて歯周病を予防。
【殺菌剤】CPC(塩化セチルピリジニウム)配合。原因菌を殺菌し、口臭、歯肉炎、むし歯を予防。
・天然由来のW浄化成分
【清浄剤】エリスリトール配合。「菌のかたまり」に素早く浸透。分散しやすくし口中を浄化。サラサラに。
【洗浄剤】γ-オリザノール配合。ネバつき、口臭の原因にもなる「菌の分泌物(プロテアーゼ)」を含む汚れも洗浄しやすくし、口中を浄化。
●じっくり、やさしく磨ける低発泡ペースト
●お口の悩みにあわせて選べる、2タイプ
【マルチケア】モイストクリアミントの香味
【ホワイトニング】ホワイトハーバルミントの香味
●医薬部外品

 

【個別特長】
薬用ビュオーラ GRAN ホワイトニング【医薬部外品】
●ブライトアップ処方を採用
・光沢剤(フィチン酸液)&コーティング剤(ポリリン酸Na)配合。
固着した沈着汚れを落としやすくし、明るくつややかな歯をコーティングします。

 

薬用ピュオーラGRANをもっと知りたい
お口からのサイン、気づいてますか? 実は口内細菌が老廃物を出しているんです

 

撮影/山田英博 ヘアメイク/藤本希(cheek one)構成/島田ゆかり 撮影協力/UTUWA

 

「薬用ピュオーラ GRAN」のご購入はこちらから


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第40回/元CAだから知っている、「髪のボリューム」が人に与える印象とは?…

次の記事>

次の記事>
第42回/口もと年齢を若く保つ、美容のプロの努力とは?…

この連載の最新記事

「コレステロール値も高め?!」作家・横森理香さんが飛びついたのは

第56回/「コレステロール値も高め?!」作家・横森理香さんが飛びついたのは

「この私が血圧高め?!」まさかの事態に作家・横森理香さんは…?

第55回/「この私が血圧高め?!」まさかの事態に作家・横森理香さんは…?

「お腹回りが丸いシルエットに……」虻川美穂子さんがたどり着いた「内臓脂肪対策」とは?

第54回/「お腹回りが丸いシルエットに……」虻川美穂子さんがたどり着いた「内臓脂肪対策」とは?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル