重要システムメンテナンスのお知らせ

下記日程にてシステムメンテナンスを実施予定です。
ご迷惑をおかけしますが、
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【停止期間】2019年09月02日(月)13:00 ~ 15:00

料理にも活用できる!「低糖質甘酒の作り方」セミナーが開催されました!

プロフィール写真

セミナー担当の48歳。糠漬け歴7年目、発酵食の素晴らしさとおいしさを日々実感しています。

こんにちは、ギリコです。

今日は先月開催された「〝飲む点滴〟で体の中から美と健康を 低糖質甘酒の作り方」セミナーの様子を報告します!

 

会場は北鎌倉にある「気流LABO」。

ここは本日の講師島田淑子さん(鍼灸師、国際中医薬膳師)が会長を務める「東洋医学ライフクリエイティブ協会」のサロンでもあります。

古民家をリノベーションした、とても雰囲気のある建物なんですよ!

続々と到着した参加者も興味深げ。

 

さぁ、セミナーが始まりましたよ!

まず島田さんが低糖質な食事に出会った経緯と、食生活を低糖質にしたらそれまで苦しんでいた体調不良がどのように改善されていったのかなどをご紹介。

(これについては島田さんの前回のセミナー「手軽にできる最強の美活食 低糖質スイーツレッスン」の記事で紹介しているので、そちらを読んでくださるとうれしいです)

 

「腸内環境の活性化、活性酸素の除去、美肌など発酵食品の恩恵は数知れません。

中でも今〝飲む美容液〟〝飲む点滴〟といわれブームになっている甘酒は江戸時代から夏バテ防止に愛飲されてきた健康飲料。

でも残念なことに糖質が高いんです。

それこそ体にいいからと牛乳を飲むような感覚でグラス一杯飲み続けたりしたら、過剰に糖を摂取してしまうんですよ。

 

糖は肥満の原因になるだけではなく血管も傷つけるといわれています、血管がいたむと心疾患や脳血管障害のリスクも高くなってしまいます。

そこで私が考えたのが、今日作り方をご紹介する〝低糖質甘酒〟。

糖質が低いだけはなく、熱殺菌処理されている市販の甘酒より酵素、補酵素、数々の菌をたくさん含んでいます」

 

ただ、気をつけないといけないのは鮮度。

生甘酒は熱殺菌処理されていないので、どんどん発酵がすすむそう。

 

「そのため作ってから1週間で使い切ること。

だんだん酸っぱくなってきますが、そうしたらビネガーの替わりにサラダドレッシングに使ってもいいし、グレープジュースやトマトジュースなど酸味のあるものと混ぜて飲むとおいしいですよ」

 

おすすめは冷凍での保存。

 

「作った生甘酒を一週間分ずつ小分けして冷凍します。

冷凍されている間は麹は寝ています、そのまま自然解凍し、解凍後はやはり一週間で使い切ります」

 

おー、まとめて作って冷凍保存できるとは!

それは便利です。

 

「逆に55度以上の熱で麹菌は死んでしまうので、作るときの温度管理が大事なのはもちろん、飲むときもお湯で割ったりしないように」

わかりやすい島田先生のレクチャーにうなづく参加者のみなさん。

 

要点がまとめられたテキストもセミナーではご用意しましたよ。

そしてヨーグルトメーカーを使っての生甘酒の作り方が紹介されました。

「炊飯器でも作れますが、温度管理が必要です。

熱くなり過ぎないよう様子を見て、熱いときはフタを開けて濡れブキンをかけるなど工夫しないといけません。

さきほども言いましたが、55度を超えると麹菌が死んでしまいますから。

その点ヨーグルトメーカーは温度設定が細かくできるものなどがあり便利ですよ」

 

★次ページでは島田さんおすすめのヨーグルトメーカーの紹介が!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第57回
料理にも活用できる!「低糖質甘酒の作り方」セミナーが開催されました!


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top