HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/doctor/288512/

「睡眠時の口呼吸」が眠りの質を下げる理由と改善ポイントは/根来秀行教授の「自律神経を整える安眠講座③」

根来秀行 さん

根来秀行 さん

医師、医学博士。1967年、東京都生まれ。この連載から生まれた『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!』(いずれも集英社)が好評発売中。ハーバード大学医学部&ソルボンヌ大学医学部客員教授のほか、奈良県立医科大学、信州大学特任教授、高野山大学など、複数の大学の客員教授・教授を兼任。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

Hideyuki Negoro MD and PhD

Professor of Medicine, Director, Visiting Professor

Harvard Medical School
University of Paris
The Graduate School of Project Design
University of Tokyo
記事一覧を見る

「自律神経を整える安眠講座」では、睡眠中の副交感神経を高めればぐっすりと眠れて、免疫力が高まることを学びました。では、実際に睡眠時に副交感神経を高めるために、どうしたらいいのでしょうか? してしまいがちなNG行動に関して、睡眠医学を専門のひとつとするハーバード大学&ソルボンヌ大学客員教授・根来秀行さんに伺いました。

 

眠りの副交感神経を妨げるNG習慣

眠りの副交感神経を妨げるNG習慣 根来秀行先生

普段何気なくやっていることやよかれと思ってやっていることが、実は副交感神経を抑制している⁉ 生活習慣を見直して自律神経を整え、コロナ不眠からの脱却を!

 

マスクの下でお口ぽかん。口呼吸で交感神経上昇

× NG

マスクの下でお口ぽかん。口呼吸で交感神経上昇

マスクをしているとつい口呼吸になりがちですが、口で息をすると呼吸が浅くなり、交感神経が過剰に働きます。普段から舌を上あごにつけることを意識すると、自然と口が閉じて鼻呼吸になります。

 

起きるなり疲れている人は睡眠中も口呼吸をしている可能性が高いので、口に粘着力の弱いテープを貼って寝るのもおすすめ。鼻呼吸で眠れた朝は目覚めもすっきり。

 

●見直しPOINT

上あごに舌をつけ、鼻呼吸でお口はチャック。睡眠時の口テープも有効

 

 

スポーツでストレス発散のつもりが自律神経消耗

× NG

スポーツでストレス発散のつもりが自律神経消耗

コロナ禍で運動不足になりがちですが、昔取った杵柄(きねづか)で過度に激しく運動すると、交感神経が急上昇し老化の元凶・活性酸素が大発生。高揚感でハイになり疲労感がマスキングされるという落とし穴も。

 

ランチ前に5分筋トレして成長ホルモンを出したあと、ウォーキングなど少し息が上がる程度の有酸素運動を15分。そして1日トータルの歩数で1万歩前後を実現できると、夜には心地よい疲労感とともに自然な眠気がやってきます。

 

●見直しPOINT

張りきりすぎると逆効果。少しの筋トレ+軽く息が上がる程度の有酸素運動を習慣に

 

皆さん今日も素敵な一日を!

 

根来秀行先生

根来秀行さん
Hideyuki Negoro

ハーバード大学医学部客員教授(Harvard PKD Center Collaborator, Visiting Professor)、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、信州大学特任教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など。著書に『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!』(ともに集英社)など

 

 

撮影/角守裕二 イラスト/浅生ハルミン 構成・原文/石丸久美子

 

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第150回/睡眠中も交感神経が優位な人は免疫力が低下して風邪をひきやすい!?/根来秀行教授の…

次の記事>

次の記事>
第152回/寝る直前のシャワーや歯磨きはNG!副交感神経を妨げます/根来秀行教授の「自律神経…

この連載の最新記事

瞑想を始めるなら「ひとり、風、火」が整うソロキャンプから!? 瞑想を成功させる環境・呼吸法・やり方は?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する!」

第164回/瞑想を始めるなら「ひとり、風、火」が整うソロキャンプから!? 瞑想を成功させる環境・呼吸法・やり方は?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する!」

「瞑想」によって脳の過活動を抑えられれば、免疫力が上がり慢性疲労や更年期症状も改善する!?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する」

第163回/「瞑想」によって脳の過活動を抑えられれば、免疫力が上がり慢性疲労や更年期症状も改善する!?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する」

「瞑想」でストレス軽減、長寿遺伝子が活性化して寿命も延ばせる!?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する」

第162回/「瞑想」でストレス軽減、長寿遺伝子が活性化して寿命も延ばせる!?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル