HAPPY PLUS
https://ourage.jp/mainichi_yojo/71499/

OurAge世代の美容にきくツボ②シミ

監修/深町公美子さん

監修/深町公美子さん

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容 (SABFA)の学校卒業後、A-ha(アハ)治療室 開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)など。

体と心にきく選りすぐりのツボをご紹介 | 「体と心にきく ツボ」インデックスはこちら 体と心にきく選りすぐりのツボをご紹介 | 「体と心にきく ツボ」インデックスはこちら

ツボ押しは、美容にも優れた効果を発揮します。 毎日の生活の中で上手に活用すれば 明日からのあなたをより素敵に支えてくれる強い味方に! 「OurAge世代の美容にきくツボ」を4回に分けてご紹介します。

 

第2回は【老けて見えるシミ】対策のツボです。

 

【老けて見えるシミ】

 

東洋医学では「皮脳同根」といって、脳でス トレスを感じるとシミが現れると考えます。 ホルモンバランスを整え、新陳代謝を促す「太谿」で内側から肌を健やかに。

3Dツボ_8_1

太谿]の 探し方・押し方

3Dツボ_8_2

アキレス腱と内くるぶしの間、左右の足にあります。同じ側の手で足首をつかみなが ら両手の親指をツボに重 ね、3秒ほど押すことを 5~6回繰り返します。

 

 

ツボ押しで美が手に入る!?

 

美容の悩みのもともとの原因は、内臓の疲れにあったり、食生活の乱れからきていたりするものです。美しくなるための第一歩は、や はり健やかであること。ツボで全身の調子を整えることにより、本 来の美しさも引き出されるのです。

 

 

次回は「OurAge世代の美容にきくツボ③」として、【二重あごをすっきり 】させるツボをご紹介します。 

 

 

撮影/板野賢治 ヘア&メイク/渡辺真由美  モデル/林 加奈子 イラスト/福井信明(HOPBOX)  監修/深町公美子(A-ha治療室)  原文/佐藤素美

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消
体と心にきく選りすぐりのツボをご紹介 | 「体と心にきく ツボ」インデックスはこちら 体と心にきく選りすぐりのツボをご紹介 | 「体と心にきく ツボ」インデックスはこちら

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第7回/OurAge世代の美容にきくツボ①お腹ぽっこり

次の記事>

次の記事>
第9回/OurAge世代の美容にきくツボ③二重あご

この連載の最新記事

頭の疲れ・目の疲れにきくツボ

第15回/頭の疲れ・目の疲れにきくツボ

心を癒やすツボ④

第14回/心を癒やすツボ④

心を癒やすツボ③

第13回/心を癒やすツボ③

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル