HAPPY PLUS
https://ourage.jp/otona_beauty/65377/

見せる首元でおしゃれ度UP

マダム篠田

マダム篠田

おうち美容研究家

 

家庭用品の企画・開発のコーデイネーターとして道具開発のコラボ企画を数多く手がける中で食、健康、美容の深い関係にめざめ、50代の坂道を目前に、もっと元気にもっときれい! 素敵に年を重ねるための下ごしらえをスタート。

自分磨き、さびない身体づくり「おうちセルフケアー」を実践。

日々の暮らしの中で取り組める「気軽で楽しいおうち美容」などお役立ち情報を発信。

記事一覧を見る

首元すっきり、おしゃれの季節

手持ちのボタンやビーズをチクチクするだけで気分はオートクチュール!

IMG_9958

春とともに、ファッションも軽やか!!にしたいですね。

寒さ対策にとぐるぐると巻き物をしていた首元をすっきりさせたくなりますが、

首年齢が気になるお年頃。

今回はついつい隠しがちな首元をシックで華やかなイメージに仕上げる“チクチク”をご紹介します。

ご紹介する大人かわいいおしゃれアイテムはこちらです。

シックで華やか、仕上がりはちょっとオートクチュール気分が楽しめます。

shinoda_neck_01

shinoda_neck_02

shinoda_neck_03

年齢とともに顔のくすみや首の小じわが気になります。

首元に集まる視線を大ぶりなアクセサリーやきれい色のスカーフづかいでカモフラージュ!なんてこともやってきましたが「2016年 あえて見せる首元」に勇気をもってチャレンジすることにしました。

まずは私のお気に入り黒装束を大人シックなブラックスタイルに変身させてみたいと思います。

もちろんお手軽、かんたんチクチク術で。

使用するリボンやボタン、ビーズはこんな感じです!

shinoda_neck_04

リボンテープで胸もと&首元をおしゃれにアレンジ。

まずは「ボタン」を使ってすっきり胸もとに仕上げます。

shinoda_neck_05

お手持ちのボタンが大活躍!

写真のボタンはすべて着なくなってしまったジャケットやコートやブラウスのボタンの再利用です。

洋服を処分する前には使える装飾品、特にボタンは取り外してストックしておくといろいろと使えて便利ですよ。

ブランドのお洋服についているボタンって結構凝ったものが多いので、ぜひとっておいてくださいね。

それでは作り方を簡単にご紹介します!

※気になる作り方は次ページへ!

shinoda_neck_06

●材料

・ベースのリボン(*)

つけたい場所の長さの約2倍のリボンを用意。幅は3~5cmのお好みで。

幅は広めのほうが縫いやすいです。

・飾りのリボン(**)

つけたい場所の長さ+3cm(縫いしろ)を用意。

幅はお好みですがあまり太くないほうが全体のバランスがいいかと思います。

・ボタン

お手持ちのお好きなボタンを用意。

あまり重くなく、ボタンの足が短いものがきれいに見えます。

※(*)(**)のついているものは、このあとも別バージョンの「作り方」で登場します。

●作り方

①   ベースのリボンをじゃばらに重ね折りながらチクチク縫います。

②   1のリボンの縫い目に重ねるように飾りのリボンをチクチク縫いつけます。

③   2にお好みのボタンを好きな場所につけます。

④   3をワンピースやジャケットなどの首元に縫いつけて完成です!!

shinoda_neck_07

shinoda_neck_08

shinoda_neck_10

完成イメージはこちら。

shinoda_neck_05

リボンをじゃばらに重ね折ることで上質な質感と贅沢なイメージが作れます。

同系色のアレンジは仕上がりのイメージのずれや縫い目が目立たないので大人おしゃれの落ち着いた雰囲気に仕上げられます。

次は、「ビーズ」を使って華やかにイメージアップ。

手作りリボンテープでシック&キラキラアレンジをご紹介。

shinoda_neck_15

前回のブログ 「100均のカチューシャがこんな素敵なヘアアクセに!」で

ビーズを使ったおしゃれアレンジをご紹介しています。 ご参考にご覧くださいませ。

https://ourage.jp/column/otona_beauty/56833/

作り方をご紹介します。

●材料

最初の「ボタンのリボンテープの作り方」の材料と基本同じです。

・ベースのリボン(*ご参照ください)

・飾りのリボン(**ご参照ください)

・スワロスキーや樹脂のビーズなど。お好みのものでOK.

●作り方

①   ベースのリボンをじゃばらに重ね折りながらチクチク縫います。

②   1のリボンの縫い目に重ねて飾りリボンをチクチク縫いつけます。

③   お好きな場所にお好きなだけビーズをつけます。

④   3のビーズをつけたリボンテープをジャケットなどに縫いつけて完成です。

完成イメージはこちら!

shinoda_neck_11

シンプルでプレーンなジャケットやワンピ、セーターなどもビーズの落ち着いたキラキラ感で一気に華やかになります。

首周りだけでなく、袖口などにつけても素敵です。

 

テープリボンはもとの服地を痛めることもほとんどなく、かんたんにつけ替えができるので 目いっぱいゴージャスに仕上げてその日限りの私スタイルを楽しんでみるのも楽しいです。

 

 

 

■次回はさらにシック&華やかなイメージのこちらをご紹介させて

いただきます。(現在試作中)

 

shinoda_neck_16

 

こちら「リボンモチーフのつけ襟!」です。

襟もとのおしゃれアイテムとしてここ数年ブラウス感覚のつけ襟が大人気。

そこでジャケット用のつけ襟があるとおしゃれで便利でうれしい~!」ではありませんか。

ならば、作っちゃいましょう!!と現在試作中です。

 

一見、洋服に直接縫い付けられているように見えますが、つけ襟のように取り外しが簡単にできるようにしてあります。

 

もちろん手軽に簡単チクチクで作れます!!

 

 

 

リボンは前回のブログでご紹介したリボンを使います。

こちらもご参照くださいませ。

https://ourage.jp/column/otona_beauty/59504/

 

 

 

『おうち美容 本日のキモ』

もうすぐ桜の季節!

お出かけの機会がどんどんと増える季節こそ、チクチク大人の手作りファッションアイテムで私スタイルのおしゃれを楽しんでみてください。

手軽にチャチャッと作れて、それなりに素敵!

出来上がりを見ればテンションが上がりますよ!!

お手持ちのボタンやビーズなどを使ったかんたんチクチクアイテムで、自分スタイルの着こなし術を楽しんでいただけると嬉しいです。

 

最後に、ぜひみなさんご一緒に

「マダム篠田の3か条」を……

さびない、くすまない、しぼまない。

みなさま、春の気配を感じるきょうこの頃、お元気にお過ごしください。

花粉症の方、お大事になさってくださいませ。

今日もどうぞお元気で。 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第10回/トート バッグや帽子にりボンをつけるだけで素敵にリメイク!

次の記事>

次の記事>
第12回/手持ちのボタンで作る「つけ襟」でおしゃれを愉しみませんか?

この連載の最新記事

ふわふわミニクッションで時計やバングル、リングをおしゃれに収納

第22回/ふわふわミニクッションで時計やバングル、リングをおしゃれに収納

わずか15分で手持ちのメガネがおしゃれキラキラアイテムに!

第21回/わずか15分で手持ちのメガネがおしゃれキラキラアイテムに!

「簡単プチリメイク」第2弾 !細めの毛糸やレース糸の縁飾りで服やファッション小物を素敵にリメイクしませんか

第20回/「簡単プチリメイク」第2弾 !細めの毛糸やレース糸の縁飾りで服やファッション小物を素敵にリメイクしませんか

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル