夜更かし返上で副腎ホルモンを正常に!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。
ハーバード大学医学部教授・根来秀行ドクターによるweb連載第7弾「副腎年齢を若返らせる!」の4回目ですよ。
今回からは、自分でできる「根来式副腎ケア」をご紹介していただきます。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。副腎疲労には自律神経からアプローチするのが最善策です。自律神経を整え、副腎機能を上げる生活術を4回にわたって伝授させていただきます。

 

 

いし 副腎機能が低下している人は、自律神経にも問題がある人が多いの?

 

 

根来 そうですね。不規則な生活で自律神経のバランスを崩しているケースが目立ちます。とくに問題なのが睡眠ですね。

Dr.negoro_Ill

いし 睡眠と自律神経は深ーい関係があるんですよね。

 

 

根来 はい。血糖値や血圧を上げるコルチゾールには分泌のリズムがあり、午前3時くらいから増えはじめ、起床後20分くらいにピークになり、日中から夜にかけてゆるやかに少なくなっていきます。
ところが夜型の不規則な生活をしていると、夜になっても交感神経が優位なまま覚醒してしっかり眠れず、それを受けてコルチゾールの分泌が過剰になり、血圧や血糖値を必要以上に上げ過ぎてしまいます。

 

 

いし コルチゾールは抗ストレスホルモン。忘れちゃった方は第66回を読み直してくださいね。

 

 

根来 コルチゾールには蓄積する性質があり、ストレスがなくなっても、正常な値に戻るのに時間がかかるんですよ。

 

 

いし ということは、寝不足が続くとコルチゾールがどんどんたまっていっちゃうってこと?

 

 

根来 ですね。寝不足が続くと、体内のコルチゾールがなかなか減らず蓄積されていき、フリーラジカルがどんどん増え、細胞が侵されていくのです。と同時に、抗酸化作用を持つDHEAも浪費されていきます(第67回参照)。

 

 

いし 放っておくとどうなるの?

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第69回
夜更かし返上で副腎ホルモンを正常に!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top