HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/more/299887/

40~50代の5割以上が子宮筋腫を抱えている!子宮筋腫の記事にコメント殺到!

MyAge2022春号「悩み解決! 閉経前後の子宮・卵巣・腟まわり」大特集で、特に反響があったのが子宮筋腫のページです。「Yahoo! ニュース」に転載されるやいなや、コメント欄には「私も」「私も」の声が次々に寄せられました。治療法の選択肢も豊かになった今、最新の子宮筋腫の情報や考え方をチェックしておきましょう。

 

教えていただいたのは

明樂重夫(あきらしげお)
明樂重夫(あきらしげお)さん
明理会東京大和病院院長
公式サイトを見る

日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖医療指導医。日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医。女性医療や女性ヘルスケア領域の確立に尽力

 

「Yahoo! ニュース」でも、大反響!
40代~50代中心に、たくさんの声が届いています。

 

「52歳。医師にすすめられ腹腔鏡手術で子宮全摘。お腹の傷3カ所は、術後半年たった今、ほぼわからない。生理から解放され、更年期症状もなく、先生には感謝しかありません。」

 

 

「毎年、健康診断で子宮がん検診をしていたので、何年も「筋腫の心配はない」と言われていました。たまたま不正出血があり、婦人科を受診すると、大きい筋腫が5個あると言われて驚愕! 健康診断ではエコーで検査をしない場合が多く、見落とされる確率が高いのだそう!」

 

 

「ここ数年、生理痛がひどくなり、生理以外の日も腹痛、なぜか肛門痛に苦しみました。鎮痛剤も効かなくなり、やっと病院に行ったら子宮筋腫でした。」

 

 

「経過観察のうちに筋腫が大きくなり、腹腔鏡手術で摘出できる限界を超えるほど(新生児の頭くらいまで)大きく育ってしまいました。結局、開腹手術で子宮全摘。もっと早く決断して腹腔鏡手術したほうが体の負担も少なく、傷あとも目立たなかったと後悔しています。」

 

 

「頻尿は更年期のせいかと思っていたけれど、子宮筋腫が膀胱を圧迫しているためだった。」

 

「数年前から生理痛と出血量がひどくなり、生理時期はドラマの殺人現場シーンのようにシーツが真っ赤に染まるレベル。子宮筋腫、恐るべし。」

 

 

「30歳のとき、初めて筋腫と診断されました。その後は定期的に生理を止める薬物療法で閉経まで逃げきることに。どんどん成長した筋腫は特に症状はなく、40代をピークに徐々に縮小してきてはいますが、まだ新生児の頭くらいの大きさです!」

 

 

 

経血量が増えはじめたけれど、あまり気にとめず放置していたら…経血がバシャー、塊がドゥルンと出るような感じで大量出血。慌てて婦人科に行ったら深刻な貧血と子宮筋腫、と判明。今はホルモン剤で内膜を薄くする治療をしていますが、筋腫はサイズが変わらないので経過観察中です。」

 

 

「子宮筋腫の診断を受けたときは30代後半。子宮全摘をすすめられましたが温存を選択。現在41歳ですが、妊娠することができたので温存してよかったと思います。」

 

 

「45歳、筋腫=つらい症状があると思っていたが、自覚症状なし。閉経で小さくなるならこのままでいいかな。定期検診は続けようと思います。」

 

 

「42歳。大きな筋腫があり、どの病院でも子宮を残すのは無理との診断。症状が悪化し、このままでは死んでしまうと思い、もう子宮摘出もいとわないと決心。ネットで検索した病院に行くと先生が「僕なら子宮を残して手術できる!」と言ってくださり、筋腫の摘出手術をしました。もっと早く先生に出会いたかった。」

 

実は、40代、50代女性の5割以上が
子宮筋腫を抱えている!

5割以上

子宮筋腫による1年間の入院患者数

子宮筋腫による1年間の入院患者数
厚生労働省 平成23年「患者調査」より/年代別 子宮平滑筋腫による年間の入院患者数

 

子宮筋腫に関するデータは少なく、年間入院患者数では40代〜50代に特に多いことがわかります。ただ、産婦人科医が口をそろえて言うのは、40代以降の女性の子宮を見ると、症状はなくても半分以上の人に筋腫があるということ!

 

 

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/蓮見則子

 

 

お悩み別の記事を読む

子宮
卵巣
がん
痩せる
セルフケア
筋活

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第6回/子宮筋腫があってもHRTを受けたいなら、子宮を取る選択肢も/子宮筋腫の新常識<6>…

次の記事>

次の記事>
第8回/子宮筋腫は3タイプ。その違いを知っていますか?…

この連載の最新記事

「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」この3つの違いをわかっていますか?

第10回/「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」この3つの違いをわかっていますか?

あなたは大丈夫? 子宮筋腫のおもな症状をチェック

第9回/あなたは大丈夫? 子宮筋腫のおもな症状をチェック

子宮筋腫は3タイプ。その違いを知っていますか?

第8回/子宮筋腫は3タイプ。その違いを知っていますか?

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル