HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/118212/

大人の乾燥性敏感肌に悩む、<おしゃれ部長>小林一美さんに会いに行ってきました

浅利 葉子

浅利 葉子

おでかけ女史組花王チームメンバー。ビューティケアのPRを担当。ビューティアドバイザー時代に、多くのお客様の肌状態を見てきた経験から、悩み解決のスキンケア、メイクの的確なアドバイスが得意。OurAge世代で、自身のスキンケア&メイク習慣が、そのまま同世代のお手本になると評判。

こんにちは、花王PRの浅利です。

 

風が少し冷たく感じる日が増えてきましたね。空気の乾燥も気になるようになってきました。
皆さんはもう衣替えをされましたか? 私は暑がりなので、まだまだノースリーブの日も多いのですが、さすがにそろそろ秋物に目を向けようかなと思っています。

 

そこで今回は、以前からとてもお会いしたかったおでかけ女史組<おしゃれ部長>の小林一美さんのお店、Le pivot(ル・ピボット)にお邪魔してきました。

小林さんは、Le pivotのオーナー兼デザイナー。生地を作るところからこだわっていらっしゃって、肌ざわり、着心地の良さが素晴らしいんです。おでかけ女史組のブログでも、小林一美さんの同窓会地方出張自転車でのおでかけなど、大人かわいいセンスのいいコーディネートをご指南してくださっていて、PRチーム一同、いつも参考にさせていただいています。

 

今回お土産には、いつもキラキラと宝石のように輝いている小林さんをイメージして、GINZA SIXにオープンした「PAPABUBBLE」のお菓子を持参しました。

バルセロナ発祥のコンフィズリーでキャラメルやグミ、タフィーなどを詰め合わせたアート・キャンディです。小林さんこだわりのハーブティと一緒にいただきながら、いろいろとお話を伺いしました。

 

浅利:このレースのブラウス、とっても素敵ですね。

 

小林:はい。大人が着られるレースにこだわって、レースから作ったんですよ。

 

浅利:少し立った襟で大人っぽく着れそうです。

 

小林:デザイナーはスタイル画を描いて、それに合う生地を探すのが一般的だと思いますが、私は生地を選んでからそれに合ったデザインを考えます。生地に触れながら「何になりたい?」って聞いたりして。「これはドレープがきれいに出そうだからワンピースにしよう」とか。デザイナーというより、職人さんのような感覚で物作りをしたいと思ってます。生地の肌触りにもすごくこだわっています。

 

浅利:わかります! ル・ピボットの服は本当に肌ざわりがいいですね。

 

小林:デザインはもちろん、着心地が良いこともとても重要だと思っています。

浅利:小林さんは生地の手触りに深いこだわりがあるくらいですから、やはりスキンケアするときも肌ざわりを大切にされているんですか?

 

小林:そうですね。質感には敏感かもしれません。しっとりしていても重いテクスチャーは苦手。さらっとしているのにしっかりうるおう感触のスキンケアは好きですね。肌が乾燥していると手触りが気になるので、ポーチにはいつもミニサイズのキュレル クリームを携帯しているんですよ。

浅利:ありがとうございます! 保湿は本当に重要なんです。乾燥したと思ったらすぐ保湿していただくのに、ミニサイズは便利ですよね。

 

小林:はい、重宝しています。でも、使い始めたころより年齢を重ねていますし、このままずっとこのクリームを使っていてよいのかなと実は気になっていました。乾燥による小じわの目立ちやハリのなさも気になるし。

 

浅利:そういうお声、たくさんいただくんです。ちょうど9月9日に、乾燥による小じわの目立ちやハリのなさが気になる年齢を重ねた乾燥性敏感肌の方に向けた新シリーズ『キュレル エイジングケアシリーズ』が発売になったんですよ。

小林:まさに私向けですね!

 

浅利:はい、そうなんです。化粧水はとろみのある感触で、角層のすみずみまで浸透し、ふっくらやわらかい潤い肌に整えます。クリームはベタつかずさらっとするのに潤うジェルタイプと、こっくりとしたコクのある濃密なクリームの2種類があります。朝晩、化粧水とクリーム(しっとり/とてもしっとりのどちらか)の2ステップのみの簡単ケアなんですよ。

 

小林さんに特におすすめなのはこちらのジェルクリームです。お付けしてみますね。

小林:本当に重くなく軽やかに伸びて、やわらかい肌あたり。すごくしっとりしてなめらかな感触ですね。

 

浅利:あとはつけ方をぜひアドバイスさせてください。

 

みなさんのスキンケアを見ていると、結構強く肌を摩擦している方が多いようです。これが続くとシワの原因になってしまいます。何度もこすらずにゆっくり伸ばしたら手のひらで密着させるようにしてやさしく浸透させることが大切なんです。

 

小林:確かに私もスキンケアはササッと済ませてしまって、浸透させるというよりも無理やり塗りこんでいるかもしれません。

浅利:あとは、ムラなくつけることも重要です。ササッと済ませてしまうと、塗り残し部分があることも。つい忘れがちな目頭や小鼻の横などのくぼんだ部分、ほうれい線やおでこ、目じりのしわの間にもしっかり塗ることがコツですよ。

小林:浅利さんはどれくらい時間をかけてスキンケアをしているのですか?

 

浅利: だいたい10分くらいですね。長いと感じるかもしれませんが、私は朝のスキンケアを特に丁寧にしています。スキンケアを丁寧にすると、化粧のノリがよくなり、若々しい印象に見えるんです。肌は顔の中でいちばん面積を占めているので、その状態によって印象が大きく変わるんですよ。

 

小林:丁寧に向き合うことが大事ですね。洋服も、生地が変わると見違えるように仕上がりが変わります。肌も同じですね。

 

 

* * * * *

 

 

一度お会いしたかった小林一美さんにお目にかかれて、感激のおでかけでした。

肌は、年齢に応じたスキンケアがおすすめです。今までのスキンケアでは物足りなく感じた時、それはやはり、スキンケアを見直すタイミング。今までエイジングケアをあきらめていた敏感肌の人に、キュレル エイジングケアシリーズを愛用していただけるとうれしいです。

 

キュレル エイジングケアシリーズ【医薬部外品】

 

化粧水 140㎖ 2300円

ジェルクリーム(しっとり)40g 2800円

クリーム(とてもしっとり)40g 2800円(価格は編集部調べ)/花王

 

いずれもセラミ機能成分※配合

※ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第9回/緊急! 夏の終わりの“美白ケア”が、秋以降の透明感を左右します…

次の記事>

次の記事>
第11回/この時期のメイクは、いつもと違うカラー選びでちょい華やか顔に!…

この連載の最新記事

猛暑が続く今年の夏の「#冷テク」はコレ。マイナス3度が気持ちいい!

第62回/猛暑が続く今年の夏の「#冷テク」はコレ。マイナス3度が気持ちいい!

夏のおでかけがぐっと快適になる。「汗でべたつく頭をさっぱりしたい!」が叶うドライシャンプーのススメ

第61回/夏のおでかけがぐっと快適になる。「汗でべたつく頭をさっぱりしたい!」が叶うドライシャンプーのススメ

今年の梅雨のくせ・うねり毛対策。集中マスクでスタイリングがこんなにラクに⁉

第60回/今年の梅雨のくせ・うねり毛対策。集中マスクでスタイリングがこんなにラクに⁉

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル