神戸の練り切り教室へ。可愛すぎてテンション上がる!

プロフィール写真

京都在住。食べる事が好き、特にパンやスイーツが大好きで、旅行へ行ってもメインは美味しいモノ巡りです。この春から下の子が大学生になり子育てもほぼ終了、セーブしていたおでかけを再開します! 住んでいる京都を中心に、関西の美味しいモノや楽しい事巡りをお届けします。

お茶着物、ときて次は…
やはり美味しい和菓子でしょう!

 

という事で、練り切り教室に参加してきました。
パンやお菓子教室はよくあるのですが、練り切り教室ってなかなかありません。

 

京都にもありそうで、私の知る限りでは和菓子屋さんがやっている体験のようなものしかないのです。
春に金沢で体験した際、お菓子作りは好きだし楽勝〜と思っていたら結構難しかったので、いつか本格的にやってみたいなぁと思っていました。

 

教室は六甲アイランド。
単発レッスンに参加させていただきました。
作品もInstagramで拝見するととても可愛い!
わざわざ足を延ばす甲斐アリです。
今回作るのはこちら。
先生のInstagramから

この4種を作ります。
可愛すぎてテンション上がると共に、こんな可愛いものが当日中に完成するのか⁉︎という不安も(笑)。

 

まずは、「金魚すくい」作りです。
先生が事前に作ってくださっていた色の付いた寒天を、可愛い型でくり抜きます。金魚と水草。そして団扇に使うお花。

寒天液を専用の袋に入れ、そこにくり抜いた金魚達を沈めていきます。
センスの問われるところですね。
先生のデモ中〜。


金魚すくいを冷やしている間に練り切り3種です。
まずは「竹笹」。

 

材料の計量などは先生が予め用意して下さっているので、お手本通りに手を加えていきます。
緑と黄色を合わせ、丸くしてそこに白餡を被せるようにして平たくします。

それで餡を包んで丸くすると、緑と黄色の上に薄っすら膜が張ったような印象に。

餡を包む事を包餡と言いますが、先生を見てると簡単そうなのにいざ自分がするとなると難しい。
使う指が決まっているようですが、普段使わないので指がつりそうです。

次は「ひまわり」を。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top