OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/otona_beauty/grey-hair/194218/

白髪のおうち染めがぐっとラクになったのには理由がありました

広告/花王

 

自宅で白髪を染めるメリットは、いつでも気になったときに染められること。けれど、準備や作業に手間がかかり、面倒なのも事実。「仕方がないと諦めてます」という人も多いようですが、長年、おうち染めを続けているお二人が、「お悩み解決の方法」を見つけた様子。

 

鈴木裕子さん(50代・東京都在住)
「トリートメント感覚で白髪染めが完了するんです」

「白髪は完全に隠したいから、自分の都合のいいタイミングで染められるおうち染めをしています」という鈴木裕子さん。ところが、髪の傷みが気になり始めたといいます。

 

「髪が細くてボリュームがないので、分け目や生え際に白髪があるとかなり薄毛に見えるんです。それがどうしても嫌で、ヘアカラーでこまめに染めていました。白髪が増えてきたので染める頻度も多くなったからか、髪の傷みが気になり始めてしまって。

昨年知ったリライズを使ってみたら、指通りがつるんとして、髪に優しい気がします。この先の人生で、何百回もするであろう白髪染めは、できるだけ刺激が少ないものを選びたい。リライズに出会ってよかったです。使い方も簡単で、シャンプーの後にトリートメントのように使うだけ。染める時間をわざわざ作る必要がないので、白髪染めストレスが随分軽減されました」

「前開きの服を着て、リライズを分け目に塗って5分待つだけ。リライズのクリームはお湯でさっと流れるので、お風呂も汚れずラクになりました」


「生え際をリタッチするときは、乾いた髪の状態で白髪が気になる部分にクリームを乗せるやり方で染めています。5分おいて洗い流すだけなので本当に簡単です。仕上がったあとの艶やかな髪にも満足しています」

 

 

川口珠江さん(50代・埼玉県在住)
「お風呂のフタに道具をずらりと並べていたけれど‥‥‥」

 

クリームタイプのヘアカラーを愛用してきたという川口さん。50歳を過ぎて、一気に白髪が増え、追われるように染めていたといいます。

 

「白髪染めは2週間に1度くらいの頻度で。『よし、今日はやるぞ!』と気合を入れて染めていました。お風呂のフタに道具を並べてヘアカラーのクリームを塗って。肌やお風呂場につかないように気をつけながらなので、正直疲れます。準備をして、塗って、洗い流して、乾かして、1時間くらいかかりますし。

その点、最近使うようになったリライズはクリームをつけて5分おいて流すだけ。格段にラクになりました。私はヨガをするのですが、ヘアカラーをしていた頃はマットに色がついてしまって、枕にも専用のタオルを敷くなど気を遣っていましたが、リライズを使い始めてからそんな手間もなくなりました」

準備するのはこれ1本。手軽に白髪染めができるようになって気持ちもラクになったそうです。

 

「以前は、染めるのをちょっとサボると、出かけぎわに『あ、白髪が!』なんてことも。ヘアファンデーションなどで応急処置をしていましたが、今はそんなこともなくなりました」

おうち染め派のお二人、白髪染めの悩みが解消されたのは羨ましいですね。同じようにストレスを感じている方、リライズでおうち染め、ぜひお試しください。

リライズ 白髪用髪色サーバー リ・ブラック<染毛料>155g/つけかえ用190g/花王
リライズの着色成分は100%天然由来「黒髪メラニンのもと(*)」。白髪が徐々に目立たなくなっていきます。くり返し使っても髪に負担なくお使いいただけます。初めて髪全体ご使用いただくときは、まずは3日間、白髪が色づくまで続けてください。そのあとは週に1回のケアでOKです。サロンまでの“つなぎ染め”や自宅染めのリタッチとしても。

 

*着色成分(ジヒドロキシインドール)

 

<サロン染め派なら>
サロンとサロンの間に「自分で白髪染め」、成功のカギは?

リライズがよくわかるQ&A
今までの白髪染めと何が違うの? 「リライズ」の疑問にお答えします!<前編>

誰でも簡単に染まるって本当?「リライズ」の疑問にお答えします!<後編>

 

リライズ開発ストーリーはこちら

 

ご購入はこちらから

 

撮影/山田英博 ヘアメイク/木村三喜 構成/島田ゆかり

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル