OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/214136/

ポリ袋ひとつでOK! むくみ対策 に「きゅうりの中華風」

山脇りこ

山脇りこ

料理家。週に6日は家で晩ごはんを食べる夫とふたり暮らし。50歳を過ぎてからは日々のごはんの7割が野菜に。旬の食材や、だし、調味料にこだわりつつ、忙しい人にも作りやすい家庭料理を伝えている。「3分クッキング」や「あさイチ」などのテレビや、雑誌でも活躍中。『明日から、料理上手』『野菜のたのしみ』『いとしの自家製』など、著書多数。台湾好きで台湾のガイド本『食べて、笑って、歩いて好きになる大人のごほうび台湾』もある。
代官山で料理教室「リコズキッチン」を主宰。教室情報はインスタグラムやFBで。instagram : yamawakiriko ブログ:rikoskitchen.com   FB:山脇りこ

まだ家での食事が続いていて、おうちごはんのレパートリーもそろそろ息切れモード。 ワンプレートだと寂しいから、気軽にぱぱっとあと1品作れたら、なんて時に。 毎週1回、鍋かボウル、ポリ袋のうち1つでさくっとできる1品をご紹介しています。

なかなか明けない梅雨、今年は非情の雨に日本中が悩まされていますね。
明けたら猛暑という予報。ばてないように、食欲のわく、ピリ辛でコクもある浅漬けをご紹介します。

 

 

きゅうりの中華風

 

きゅうりには、水分を排出しむくみを解消してくれるカリウムや、免疫力を高めてくれると改めて注目されているビタミンCが多く含まれています。生で食べやすいので、逃がさず取り入れられるのも魅力。

 

また、漬け地に使う、豆豉(とうち)は、なじみがないかもしれませんが、元祖、味噌や醤油ともいうべき、古くから中国に伝わる発酵調味料。最近はスーパーの中華食材コーナーでもよく見かけます。日本では乾燥したものが主流。
買っても使いきれないと思うなかれ。炒め物や、麺の友、カレーの隠し味にも使えます。私はよくひたひたの酢につけておきます。そのままドレッシング代わりにしたり、冷ややっこのトッピング、オムレツや焼き魚に添えても◎
コクと深みのある味わいを添えてくれ、脱マンネリにもなるのでお勧めです。

 

★きゅうりの中華風

 

材料(作りやすい分量)

きゅうり 2本
みょうが 2本
しょうが 2かけ強(30g)
青唐辛子 2本

*豆板醤 小さじ1
*醤油 小さじ2
*豆鼓 小さじ2
*酢  小さじ2

 

 

1. きゅうりは、上下を落とし、4等分して、すりこぎなどでたたく。みょうがは雪輪に切る(小口に薄切り)。しょうがはすりおろす。青唐辛子は縦に切り目を入れて種をだして、小口に切る。

 

 


2. *としょうがをポリ袋に入れ軽く揉んで合わせる。そこに1を入れて全体をもんでよくからめて、15分ほどおく。

 

※15分後から食べられますが、1時間つけると“浸かった”感がでてきます。翌日以降もおいしい。冷蔵庫で、3日保存可能。
※豆鼓がない場合は、同量の味噌で代用します。

※暑い夏、先人はみょうがの輪切りを雪輪に見立てて涼を。しょうがはたっぷりで。

 

 

※冷奴に合わせても。

 

 

※漬けたきゅうりは、刻んで漬け地と合わせて、そうめんにのせても。

 

簡単美味しい一品で、おうちごはんをより楽しく!

<前の記事

<前の記事
第8回/ボウルひとつでOK! 夏の疲れとお肌にビタミン!「ゴーヤーの梅ナムル&ズッキーニのかつ節ナムル」…

この連載の最新記事

ポリ袋ひとつでOK! むくみ対策 に「きゅうりの中華風」

第9回/ポリ袋ひとつでOK! むくみ対策 に「きゅうりの中華風」

ボウルひとつでOK! 夏の疲れとお肌にビタミン!「ゴーヤーの梅ナムル&ズッキーニのかつ節ナムル」

第8回/ボウルひとつでOK! 夏の疲れとお肌にビタミン!「ゴーヤーの梅ナムル&ズッキーニのかつ節ナムル」

ボウルひとつでOK! 夏のむくみもスッキリ!「とうもろこしとツナのレンチンカレー」

第7回/ボウルひとつでOK! 夏のむくみもスッキリ!「とうもろこしとツナのレンチンカレー」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル