HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/sleep/315854/

朝のくしゃみや鼻水などの不快症状。もしかするとそれ「モーニングアタック」かも。緩和する方法は?

ヨシダヨウコ

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ代表。
快眠コンシェルジュ。日本睡眠学会正会員。

寝具店の娘として生まれ、心地よい睡眠を幼児期より体験するが、社会人になりたての頃、働きすぎで体調を崩す。また、実母の介護生活からも睡眠の重要性を再認識する。
漢方、発酵食、アロマ、呼吸、瞑想、ストレッチなどを取り入れ、日々「質の良い睡眠」を探求しながら、各方面へ発信中。代表を務めるネムリノチカラでは、企業の健康経営セミナーや個人の睡眠相談に応じるなど、睡眠全般についてのサポートを行っている。著書に『眠りのチカラ タイプ別睡眠改善&リッチ睡眠TIPS 101』(みらいパブリッシング)がある。

記事一覧を見る

こんにちは、眠りの力があなたを変えるネムリノチカラ代表、快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

 

「朝起きてすぐの自分に、多くある出来事って」って何か思い当たることありますか。

 

起きたくなくて不機嫌になる? それともくしゃみ? 鼻水?

もしかして、それ全部「モーニングアタック」かもしれませんよ。

 

モーニングアタックって、何? というくらい、聞いたことない言葉ですよね。

アタックNo1世代の方も多い(?) OurAgeマダムは、朝に何かピシャリ!と打ち込むようなことを想像されるかもしれません。

 

ところが違うんです。むしろ逆。どちらかと言えば、自分がアタック(攻撃)されている状態のことです。

 

このモーニングアタック、症状はさまざまですが、特に朝起きる時に、からだが重だるいとか、起きたらくしゃみや鼻水が止まらないなど。とにかく朝の憂鬱な状態を引き起こす症状が多いようです。

 

 

 

寝ている時は副交感神経が優位になっていますが、朝起きて、さて、活動モードに切り替えようとなると交感神経へと切り替わります。その切り替えの時に一時バランスが崩れ、鼻の神経が過敏に反応するそうです。さらに鼻水の中に炎症を引き起こしやすい物質が増加することも一因のようです。

 

特に今の時期は花粉問題もあり、家の中に持ち込まれた花粉やほこりを夜間に吸い込むことが考えられますが、年中という方もいます。

 

はい! 実は私もその一人です。朝は大抵2~3回くらい大きなくしゃみをして、鼻がむずむずするので鼻をかんでもまたくしゃみ。そんな感じです。

 

花粉だけでなく、空中に舞っていたほこりや花粉、アレルゲンが夜ふとんや床に静かに降りて、また朝のバタバタと同時に舞い上がる。それを私たちが吸う。その連鎖がこの症状を連れてくるのです。

 

症状がある方や気になる方は、少しでも吸い込みを防ぐためにも朝は窓開け空気を入れ替えるなど、「朝のルーティン」を忘れずに。また、ベッドメイクをする時はマスクをするなどして、ほこり、アレルゲン(ダニなど)や、花粉を吸わないように注意してくださいね。

 

では、今宵も良い眠りを。

 

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第95回/午後の眠気と日々闘っているアナタに教えたい、15分で能力爆上がり!の「元気になる…

次の記事>

次の記事>
第97回/眠りの体内時計を狂わせる、遅い時間の夕食。そんな日はせめて「分食」を!

この連載の最新記事

ジメジメした時季だからこそ、やっておきたい寝室の手入れとは?

第124回/ジメジメした時季だからこそ、やっておきたい寝室の手入れとは?

自分のベスト睡眠を探求しよう

第123回/自分のベスト睡眠を探求しよう

介護で自分の睡眠がとれていない皆さんへ

第122回/介護で自分の睡眠がとれていない皆さんへ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル